Self Defense Family ‐‐Review‐‐

2003年に結成されたニューヨークのポストハードコア・バンド。2011年まではEnd Of A Year名義で活動を続け、現在はSelf Defense Familyへと改める。サウンドもDISCHORD系ハードコアから円熟激渋のエモへと深化させ、世界のシーンと戦っている。


Try Me

Try Me(2014)

 End Of A Yearというバンド名から一転、Self Defense Familyとなってからは初のアルバム。なぜかDeathwishからのリリースである。バンドは2003年に結成されており、前バンド名の時は3枚のアルバムを発表。2011年から現表記名へ改名している。

 過去作は一切聴いたことないが、当時はDISCHORD系のポストハードコアを鳴らしていたらしい。しかしながら本作の趣は随分と違っていて、ミドルテンポを中心とした激渋エモを展開。サイケデリックな色も放つギターをゆらりと重ねながら、燻し銀の哀愁を表現している。やっぱり一言で表すならば、”渋い”という形容が似合うと思う。ハードコアのエッセンスやどっしりとした芯の強さを孕みつつ、エモらしい情けなさも感じさせる点も良いかなと。#1「Tithe Pig」からして、ポストハードコアの枠組みを外れた楽曲で攻めており、体から無理矢理絞り出してるヴォーカルの声は、枯れ過ぎで少し心配になるんだけど、これがあるからこそ独特の風情となって表れている。その中でも年季の入ったサイケ感と枯れた歌声が絶妙にマッチしている(女性コーラスも良い)#3「Turn The Fan On」は本作でも随一の曲かと思う。また、艶やかな女性ヴォーカルを起用した曲もあり、#4「Mistress Appears At A Funeral」では暗めのインディ・ロックっぽい感触も覚えたり、#7「Aletta」のように音響系~エクスペリメンタルなアプローチを聴かせるシーンもあって、懐は相当に深い。

 なぜかインタビュー#5「Angelique One」、#11「Angelique Two」を計40分にも渡って収録している不思議もあるが、これはAngelique Bernsteinというポルノ女優の過去についてのインタビューとのこと(sunday worst enemy distroさん参照)。さすがにDeathwishがリリースしているだけあって、個性的なバンドだという認識はあったのだが、全体を通して円熟した表現力が光る一枚に仕上がっている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!