Seirom ‐‐Review‐‐

Gnaw Their Tonguesをはじめとして数多くのプロジェクトで活動するMaurice De Jongによるさらなるプロジェクト。


1973

1973(2012)

   悪趣味極まりない轟音ノイズまみれのGnaw Their Tonguesに飽きたらず、この方は煉獄から神秘というものを目指してみました。というわけでこの新プロジェクト、”Seirom”が始動。2枚組90分というボリュームもさることながら、これが驚くべき内容となっている。ちなみにこれまでのEP作品と同様に、Mauriceがひとりでほぼ全パートを担当し、チェロでAaron Martinが参加。

 まず、Gnawで聴かせる地獄のような凶音ノイズではないことが挙げられるだろう。驚異の音圧が鼓膜に、また全身に襲いかかるのは変わらないが、そのサウンドが包括するものは闇ではなく明らかに光である。アンビエントやシューゲイザーの要素が強く、”ドリーム・ノイズ”とも表現したくなるような壮麗な音塊に包まれていく。神々しく広がるシンセの音色、優美なヴォイス・サンプルが圧倒的なノイズ・ギターに巻き上げられ、異様なまでにドラマティックに展開。ブラックメタル風の激速ビートも各所に配置されており、スリリングさが煽る昂揚感も予想以上だ。

 Nadjaの荒涼とした世界に、シガー・ロスが表現する天上界のエモーショナル、さらにはWolves In The Throne Room辺りのポスト・ブラックメタルの要素が絶妙な融合を果たしている。DISC1-#5「My Dear」を聴いていると、Oneohtrix Point Neverが劇的な変化を遂げた印象も受けるし、FenneszやTim Hecker辺りの名前が浮かんでくる人もいるだろう。それほど作品が持つ要素を多い。また、改めて彼の才能を思い知ることにもなる。渦巻く怒涛の美轟音とともに突き進む90分に、Gnawとは別の究極を体感できるはずだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする