静カニ潜ム日々 ‐‐Review‐‐

The Present

The Present(2013)

 2007年に横浜で結成された3人組の1stフルアルバム。まず一聴して、そのシンプルなサウンドの中にキラリと光るメロディセンス、丁寧に歌いあげつつも、時に声を荒げるほどのエモーショナルな歌唱が印象に残る。90’s~現代のエモをまとめあげ、そこにインディーロックやオルタナ系の風情を加味。また、日本らしい情緒も上手くプラスされている。決して力と勢いで押すタイプではないが、ストイックに無駄をそぎ落としているからこそ、その真っすぐな歌と演奏に備わった説得力はかなりのもの。どこか枯れた哀愁と物憂げな空気感、一方では、労わる様な優しさと澄んだ美しさを感じることもあり、聴いてると懐かしい感触を覚えることもしばしばある。

 アルバムの構成としては、立ち上がりこそ歪んだギターや力強いリズムの胎動、エモーショナルな歌唱が目立つが、曲が進むにつれて、落ち着いたものへとシフトしていく。その中でアコギやグロッケンを取り入れた曲もあり、エモという単語だけでは括れない旨味がある。特に#7「Carry On」からラストの#9「Isotope」までの流れは、Mineralを思わせる泣きとノスタルジーが感じられて、個人的に好み。長く向き合っていけるだろう、歌心とメロディは結成当初から育んできたバンドの強みであり、多くの人の胸を熱くするものが本作には詰まっている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!