siraph ‐‐Review‐‐

元・school food punishmentの蓮尾理之、山崎英明、ハイスイノナサの照井順政、Mop of Head等で活動する山下賢、同人音楽系シンガーのAnnabelによって結成されたバンド。


siraph

siraph(2016)

  音楽IQの高い人達が勢揃いした6人組の1stミニアルバム(6曲入り)。変拍子や転調を多用しつつも、スタイリッシュかつエレガントにまとめた作品と言えると思います。流石にポストロック/マスロック~エレクトロニカ系列の手練の集合体。メインコンポーザーである照井氏、蓮尾氏によって各々の色というのが出てますが、メンバー個々の味わいも絶妙なバランスで融け合って精微に空間構成を施しています。もちろん、それだけでなくプログレッシヴな構築の中で、中心軸に据えたAnnabelさんの透き通る美声が凛と響く。ポップスとしての強度の高さは彼女に依るところが大きいといえるでしょう。グランジ風のギター・サウンドが響き渡る#3「thor」の中でその歌声は一層の存在感を増しています。まあ、僕としてはマスロック風のスリリングな展開に舌を巻く#1「in the margin」や#2「時間は告ぐ」が特に好きでありますが。sfpの後継としてのその先を感じさせる存在であり、今からフルアルバムが楽しみになる期待以上のミニアルバム。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする