Split Cranium ‐‐Review‐‐

CIRCLE/PHARAOH OVERLORD, STEEL MAMMOTH, ISISのメンバーによって結成されたハードコア・バンド。


Split Cranium

Split Cranium(2012)

   もともとはISISのヨーロッパ・ツアー時に意気投合したことで結成するに至ったという、アーロン・ターナーとJussi Lehtisaloを中心にしたハードコア・バンドの初作。まず何にびっくりしかって、ここまでストレートなハードコアであること。Old Man Gloomではこういった面を見られたし、Twilightではブラックメタルにも接近したが、アーロン先生がここにきて真っ当なハードコアに回帰するという事は、想像もつかなかった。House Of Low CultureとかMamiffer等では深遠な音響を聴かせていたしね。そこから回りに回って戻ってきたという感覚なんだろうか。とにもかくにも本作は、荒々しいリフとツービートで大木を次々と薙ぎ倒し、怒号を撒き散らすかのように吠え続ける。殺傷力と興奮を携えた激音の放出。1~2分台のショート・チューンを基軸にして8曲25分を駆け抜けていく。#4のように変化球を混ぜたりもしているが、全体としては自慢のストレートで抑えにかかる感じだと思う。って25分では計算合わなくないかと思った方は正解。ラストだけ8分超のロングランで、ハードコアで突っ走る中でノイズの濁流が終盤にかけて襲いかかる。この辺りはやっぱり一筋縄ではいかないということでしょう。アーロン先生の課外活動(とはもう言わないけど)は、本当にどこまでいくんだろう。興味は尽きない。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする