Talons ‐‐Review‐‐

UKのポストロック/マスロック6人組。ヴァイオリン×2、ギター×2、べースにドラムという特殊な編成にまず注目がいくが、扇情的な轟音ポストロック、過剰で複雑な展開ではじけ飛ぶマスロックを有したそのサウンドは、圧倒的な力強さを持っている。


Hollow Realm

Hollow Realm(2010)

   UKのポストロック/マスロックの新鋭6人組の1stフル。これまた凄いバンドが出てきたものだ!と初聴したときにかなり感心と驚きを覚えた1枚だ。勇壮な強さと野心に満ち満ちた強烈な作品であり、2010年のベスト5に遅まきながら挙げたいぐらいの凄さがある。

 6人編成でツインギター、ベース、ドラムにさらにヴァイオリンが2本という特殊編成がまずバンドの特徴に挙げられるだろう。そういう組み合わせでストリングス入りだと、どうしても物静かで荘厳なポストロックっていう先入観がつきまとう人も多いだろうが、このバンドは真逆の破壊力を有している。クラシックの色調の厳かな調べから獰猛に夜空をかける旋律までを感情豊かに表現するヴァイオリンを核に据え、ストイックな緊張感が貫かれたバンド・サウンドが豪快なまでに轟き響く。

 荘厳なイントロを駆け抜けると同時に強引な牽引力によって導かれる爆音狂騒#1からしてしてやったり。鮮烈に空気を裂き、野獣のような攻撃力を存分に発揮するこの音楽はポストロックの領域を超え、ハードコア・ヘヴィメタルに軽々と足を踏み入れている印象を受ける。けれども、物悲しげなフレーズも穏やかな凪のように訪れ、琴線に触れるメランコリーもまた重要な構成要素のひとつ。それらをマスロック的な知的かつ複雑に算段された流麗な展開で花開かせていく。静と動の両軸に振り切れた迫力ある作風は日本のsgt.を想起させるが、それを一段も二段も上回る破壊力と衝動性は凄まじいの一言である。

 メタリックなリフが咆哮し、地をめくり上げるタイトなリズムが豪快に引っ張り、圧巻のアンサンブルで過剰なダイナミズムを表現するこやつらのパワーの源は一体なんなのかを問いたいぐらいだ。チェロでヘヴィ・メタルするApocalypticaすらも粉砕しようとする#5「Iris」の激音騒擾には参ったし、続けざまに放たれる#6「Impara」のテクニカルかつカオティックな狂騒からクライマックスの極まった歓喜への橋渡しもまた素晴らしい興奮を覚えてしまう。それなのに技術・表現力を突き詰め、構築美を徹底追及することで、高い物語性と凄まじい吸引力を有していることにも驚かされる。核である2本のヴァイオリンを軸に、変幻自在の展開と構築美の追求とスリリングな演奏によって圧倒的なドラマが生まれていく10分越えのラスト曲#8「Hollow Dept」を聴けば、それは御理解いただけることだろう。激しいだけではない、穏やかで味わい深い世界も提示してくるあたりは改めて惚れ直してしまう。

 鋭くも分厚い攻撃力、深みのある叙情、楽器陣の見事な調和が成された本作は、真っ白なキャンパスに数多の色彩と未曾有の衝撃を与えるデビュー作である。体中に稲妻が駆ける過剰な音塊を前にして、血が沸き立つような必然の昂揚感に包まれることだろう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする