Tamaryn ‐‐Review‐‐

ニュージーランド出身のタマリン・ブラウン嬢とプロデューサー/ギタリストのレックス・ジョン・シェルヴァートンによるネオ・シューゲイザー/ドリーム・ポップ・デュオ。スロウダイヴを髣髴とさせる耽美なシューゲ・サウンドが印象的。


Waves

The Waves(2010)

   NZ出身のタマリン・ブラウン嬢を中心とした2人組によるデビュー作。全9曲約37分という内容で、世界限定2000枚・手書きナンバリング入り。サウンドとしては4AD全盛期のシューゲイザーに近い印象で、そこに近年のドリーム・ポップのエッセンスやタマリン嬢の透明感あるヴォーカルが可憐に彩る事で、夢想的空間を編みあげている。

 ミドル~スロウのゆったりとしたリズムの上を儚げなギターの旋律とシンセが優しく波打ち、タマリン嬢の声が清冽と響く。やがてはおぼろげなフィードバック・ノイズに包まれ、恍惚の境地へ。聴いてるとスロウダイヴを想起させる音色で、とても耽美的で浮遊感ある作品に仕上がっている印象。それでいてゴスの薫りも漂わせ、冷たい空気がゾクっと背中を刺すこともある(この要素もスロウダイヴから影響を受けたのだろうか)。重たい扉を広げた先にゴシック・サイケ風の装いをしたシューゲ・サウンドが花開く#1が序曲として見事なまでに耳を引き、対比するように春風が髪を靡くような温かみとドリーミーな感触が強い#2へと繋がっていく。これ以降も陰りのあるメロディや冷徹なムードをしのばせつつ、たおやかな歌声と温かみのある音色を丁寧に重ねながら優美でミステリアスな物語を奏でている。リヴァーヴのかかったギターとベースが空間をグッと押し広げていく様、また日常から非現実へと連れ出す幻想性が巧みに演出されている所も良い。

 印象的なギターリフに力強いリズムが重厚な浮遊感を導き出し、囁くような歌声がポップに味付けしていく#5は特に素晴らしい1曲。オリジナル・シューゲイザー復刻のようなサウンドに、タマリン嬢のVoがイノセントな磁場を生みだす本作は、甘美な誘いに溢れた魅惑的な一枚だ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする