The End of the Ocean ‐‐Review‐‐

▼ シェアする

米・オハイオ集のインスト・ポストロック5人組。


pacific

Pacific / Atlantic(2011)

   オハイオのインスト・ポストロックの1stフルアルバム。以前には09年に4曲入りのEPをリリースしているそうだが、65枚の超限定らしくもう手に入らない。

 内容としてはまさにインスト・ポストロックの良心といえるもの。哀愁あるセンチメンタルなフレーズを奏で、伸びやかに飛翔するトレモロに連れられ広大なインスト叙情詩を造形する。その音からはExplosions In The Skyに代表されるような正統派のポストロックを浮かべる人も多いだろう。穏やかな感情の起伏をそのまま綴ったような感じで、美麗なメロディは心に染み、エモーショナルなサウンドが歓喜と昂揚で満たしていく。初期のMogwaiやMONOといった程の轟音には発展せず、繊細かつノスタルジックに物語を構築していくのも特徴といえるだろう。少しずつ燃え上がっていくように力強さと音圧を増していく展開にはグッと鷲掴みにされる。時には儚く淡いシンセや打ち込みのビートを導入しているが、真摯な生演奏による表現力がとても良い。

 本作は8曲入りで、前半4曲が「Pacific」で後半4曲が「Atlantic」となっている。10分超をかけて壮大に綴られる美しくエモーショナルな#1、躍動感あるマーチング・ドラムにメランコリックな旋律とシンセの意匠が重なる#3、本作随一のエモーショナル轟音バースト#5辺りでこのバンドの質の高さを窺い知れるはず、そして締めくくりは11分を超える#8がまた珠玉という言葉を贈りたい名曲で、重層的な美しい音のヴェールが包み込む様はCaspian辺りを髣髴とさせる程だ。シンプルであるが故にドラマティックさと静と動の起伏を突き詰めているのを強く感じる。そんなリリカルでノスタルジックなインスト群、必ずやあなたの胸を打つはずだ。

 ちなみに本作は発売元のレーベルのbandcampにて全曲試聴可能です。http://futurerecordings.bandcamp.com/album/pacific-atlantic

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ シェアする

▼ フォローする