The Psychic Paramount ‐‐Review‐‐

NYを拠点に活動している4人組インスト・ロックバンド。問答無用の爆音で聴き手のハートを焼け焦がします。


II

Ⅱ(2011)

   1stアルバムから実に5年ぶりぐらいに発表となる2ndアルバム(過去作は未聴)。初っ端から雷雨の様な爆音の猛威にさらされ、そのまま宇宙の果てまで吹き飛ばされる強力作である。やかましくノイジーなギターが自由に暴れ、暴力的で分厚いベースライン、乱打されるドラムがその音の圧力をより高めながら、空間に轟いていく。ハードコアをぶちのめす、やかましいインスト狂騒集と表現できるだろうか。こんな嵐のノイズゆえにLightning Boltとよく比較されているみたいだが、こちらではギターが入ってるので表情が豊かに感じられるし、空間を圧し歪ませるだけでなく伸びやかな飛翔感があるところが特徴的。叙情的なフレーズを前振りに見事なアンサンブルと問答無用の爆音に乗せて大空を飛ぶ#2、出だしから圧倒的ダイナミズムで押す#5はその辺りが顕著に感じられると思う。シューゲイザー・ライクなギターの音使いや薄靄がかった幻想世界も描くなど、弛緩の部分も興奮度を高める作用が大きいのがこのバンドの強み。爆音のカタルシスを幹に据えているとはいえ、それだけに頼らない熱い展開を見せる所がまた良くて、インプロ等を交えながら荒々しく牽引して狂騒の渦へと放り込む。全7曲40分、凄まじいインパクトに唖然。2011年の轟音大賞は早くも決まりかもと思ってしまう一枚、本当に強力です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする