Trainwreck ‐‐Review‐‐

EAVES とENGRAVE のメンバーが中心となって05年にドイツで結成された5人組激情ハードコア~クラスト・バンド。


ofconcrete

Of Concrete Canyons And Inner Wastelands(2009)

   2010年には奇跡的な来日も果たしたドイツの激情ハードコア~クラスト5人組、Trainwreckの2ndフルアルバム。本作で彼等に初めて触れてみたわけだが、一気呵成に攻め立てるこのアンサンブルは凄いな。本国はもちろんのこと、その名を世界に轟かせるだけの力を持った激音が次々と放出される。

 軸となっているのはHis Hero Is Goneに影響を受けたと思しき、クラスト系の破壊力あるサウンドだろう。怒涛の疾走と銃弾のようなリフと悲痛な絶叫の連続。#1「Less Than Nothing」から鼓膜が悲鳴を上げ、#2ではさらに鋭さと強靭さを増したリズムに引っ張られて各パートの攻撃性が引き上げられていく。この曲のリフの激しさときたら、散弾銃にも匹敵するほど。Daitro辺りの激情系はもちろんのことだが、その重く分厚いギターからはスラッジからの影響も垣間見える。また激しいとはいえストレートに伝わってくる、この良さも彼等の特徴だろう。

 それからも終わりなき激音はさらに加速を続け、緩急を織り交ぜながら激情の宴を奏でる#6や猛然とラッシュを仕掛けて打ちのめす#7を挟み、全8曲で本作は締めくくられる。エモーショナルなメロディを聴かせることは聴かせているし、前述したように曲によっては緩急も巧みに利用してくるのだが、そんな甘さは少しだけで極めて攻撃的に振る舞う。破裂する感情、焦燥感に満ちた叫び、止まらぬ暴虐の音。これは自身や威厳に満ち、自らの確固たる音楽性を存分に示した強烈作だ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする