Turing Machine ‐‐Review‐‐

ニューヨークのインスト・マスロック/ポストロック・バンド。


What Is the Meaning of What

What Is the Meaning of What(2012)

   Maseratiに続いてJerry Fuchsの遺作となる8年ぶりの3rdアルバム。個人的には本作で彼等の作品は初めて聴くが、徹底してミニマルに作りこまれているのに、ここまでダンサブルな躍動感とサイケデリックな感触が表出することに驚かされる。

 CanやNeu!といったクラウトロック勢からの影響は顕著だが、Don Caballeroを思わせるような不穏さと鋭さを完備。同じくジェリーを擁したMaeratiとも近似する部分があり、計算された各楽器の音の連なりは快楽の渦へと放り込むことだろう。だが、人力の熱さを感じさせるようなものでもなく、感情までもを排したかのように機械的なサウンドが痛快。一聴きでそれとわかるジェリー・フュークスの力強いビートを基軸に(もちろんドラム・パートは他の人のも混在している)、サイケデリックなギターと電子音がストイックに次々と打ちこまれし、ヒリヒリと鼓膜を焦がす。マスロックに似合う硬質さと計算高さは感じるが、リズムがストレートに感じる分、昂揚や快楽もわかりやすく伝わってくるはず。まあ、かなりストイックでメロディは最小限の味付けといった印象ではありますが(苦笑)。

 #3ではエレクトロニクスを軸に捻くれた電子音響を実現し、#6では4つ打ちにトチ狂ったヴォーカルが被さったりというアイデアを見せるし、さらにいえば、Maseratiにこんな曲あったじゃないかとフラッシュバックする#2は案外いい味であったり。その中でもやはりポストパンクっぽさも加味しながらダンサブルでマスな#1や#7のようにテンションの高い楽曲が好み。作品から伝わってくる並々ならぬ意志もまた作品を強烈なものにしている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする