White Hills ‐‐Review‐‐

ブルックリン出身のスペース・サイケデリック・ロック・バンド。現在のブルックリンの事情とかけ離れたHawkwindを召還するような現世を解脱するスペース・サウンドは一部マニアの間で評判になっているとか、いないとか。


White Hills (Mlps)

White Hills(2010)

   ブルックリンを拠点に活動するギター、ベースによるデュオWhite Hillsの最新作(多分、4枚目か5枚目)。 Oneidaのドラマーが全面参加で作品を見事に支えている。そんな彼等の特徴は分厚い霧のようなファズ・ギター&ベースを中心に形成していくスペース・サイケデリック・ロック。宇宙をなぞるようにかき鳴らされる重厚なリフの反復、体をもちあげるかのようなリズムの反復が呼ぶ恐ろしいまでの快楽には恐れ入る。ヘナヘナとした歌声も妙に心地よいし、スペーシーなシンセも宇宙を大いに拡大しております。

 カヴァーしていることからもわかるが、彼等のHawkwind召還の儀式たるやほぼ完璧。ヘヴィ・サイケデリック・スペーシー、その3つのキーワードが交わり、ベクトルはひたすら快へと向かう。またThe Headsなどともスプリット盤を出していることからもストーナー・ロック勢ともリンクする部分ある(あそこまでヘヴィにキメまくってはいないが)。70年代辺りのレトロなサイケ感と共に上昇し続ける#1、本作随一のスペース・ロック#2、ヘヴィに押しまくるリフにクラクラする#3と序盤の畳み掛けは素晴らしい。また、#4、#5、#6の絶望の底辺に押し込めるような密教的雰囲気を打ち出したダウナー・チューンにも不思議と意識を持ってかれる。終末をみないグルーヴを浴びることで、ただひたすらに気持ちよくなればよいのです。霧が晴れた世界に飛び立とうとするかのような#7での終わりもまた味わい深い。昨今、世界を騒がせているアニコレを始めとしたブルックリン勢にまるで迎合することのない、現世を解脱する圧倒的なサイケデリック・フィールド。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする