Wires Under Tension ‐‐Review‐‐

Slow SixのヴァイオリニストでありコンポーザーであるChristopher Tignorと同じくSlow SixのドラマーのTheo Metzによるポストロック・ユニット。ヴァイオリンの美しい揺らぎと野心的なリズムの絡み合いに、ラップトップの音響効果を取り入れたミニマルなポストロックが持ち味。


Light Science

Light Science(2010)

   Slow SixのヴァイオリニストでありコンポーザーであるChristopher Tignorと同じくSlow SixのドラマーのTheo Metzによるポストロック・ユニットのデビュー作。Slow Sixはポスト・クラシカルな趣があって静けさと美しさが蒼白い幽玄な炎を紡ぎ出しているが、こちらのユニットではクリストファーの野心がメラメラと燃えているからか自由度は高い。そしてより攻撃的な姿勢を打ち出している。

 基本的にはヴァイオリンの憂いを孕んだ旋律が大空を駆け、多彩なリズムパターンでまるで隙を見せない精微なドラムが曲の中でぶつかり合う。ドラムの拍動に弦楽器の閑雅な響きがモノトーンの空間を紡ぐのだが、そこにカラフルな色と温かみを加味する鉄琴や電子音が絡むことで、より立体感のある作風に仕立てている。トランペットが入る事でジャジーな佇まいもみせているしのもポイントだろう。ストリングスが追加されたTortoise(トータス)などとも表現されているみたいだけど、わからなくもない表現だ。精巧な美しさを据えつつもミニマルな音造りと野心が駆り立てる実験精神が、複雑な楽曲構成に寄与されている。曲調は落ち着いている印象を受けると思うが、けれども時に猛るダイナミズムがきっちりと感じられるし、反復の中で練り上げられる美しさもまた気品高い。特にバンドのアイデアが存分に花開いた9分超の#5は、ヴァイオリンや鉄琴の音色が厳かなリズムに乗せられながら中盤で圧倒的な昂揚感を運び、そこからゆるやかに叙情的なエピローグを紡ぐ本作随一の曲。他にも#1や#2、#6など良曲多し。Slow Sixから一歩足を踏み出した先にこんな前衛的な世界が広がるとはと驚きを与える作品だろう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!