X(X JAPAN) ‐‐Review‐‐

日本の音楽界に大きな衝撃を残した伝説的な5人組バンド、X JAPAN(X)。1989年の『BLUE BLOOD』、1991年の「Jealousy」といった傑作を世に送り出し、日本のみならず世界的にも数多のフォロワーを生み出した。”PSYCHEDELIC VIOLENCE CRIME OF VISUAL SHOCK”からヴィジュアル系の元祖ともいわれている。1997年12月31日に解散をしたが、2007年に復活を果たした。現在もいろいろと話題を振りまきながら、マイペース?に活動中。


VANISHING VISION 2000年 (型番XXC-1001)

VANISHING VISION(1988)

   YOSHIKI自らが設立したExtasy Recordsからリリースされた、1stアルバム。当時のインディーズとしては記録的なセールスをあげ、オリコン・チャートにも名を刻んだ脅威の作品だ。

 この先の興奮を約束する様なインスト「Dear Loser」に続いて、激震のドラマティックなスラッシュ・メタル#2「Vanishing Love」を聴いて、思わず虜になった人は多いはず。切り裂き、激しく叩きつけるようなサウンドがとにかく強烈で、荒削りながらもジャーメン・メタルからスラッシュ~ハードコアの攻撃性/狂気性を昇華し、過激な芸術を創り上げてみせた。HIDEとPATAの激と美を紡ぐ流麗なコンビネーション、TAIJIの見事すぎるベースライン、YOSHIKIの怒涛のドラム、TOSHIの鼓膜に刺さる様な歌声と、5人の個の集合体として、圧倒的な音の洪水となっている。

 Xのカタログの中で最も勢いで捩じ伏せてやろう、という気概に満ちた作品というのは間違いないだろう。全く歯止めの効かない刺々しさは、痛快でもある。破壊力に特化した疾走曲#6「I’ll Kill You」や美旋律を伴いながら激化していく英語バージョンの#8「KURENAI」におけるインパクトは特異なものがあるし、この頃からクラシックの要素も融合させていることが伺えるバラード#7「ALIVE」も収録。伝説の幕開けとなった衝撃の作品である。


Blue Blood (Bonus CD) (Spec)

Blue Blood(1989)

 日本のロック史上に革命を起こし、果てには世界をも震撼させた歴史的な作品である。荒削りの初期衝動に持っていかれた前作からスケールを広げ、”PSYCHEDELIC VIOLENCE CRIME OF VISUAL SHOCK”という言葉を体現した過激な芸術は、本作で大きく花開いた。

 フランク・マリノの「World Anthem」を原曲に、46名のフルオーケストラと共に壮大な幕開けを飾る#1「PROLOGUE」で拳にグッと力が入り、間髪入れずに続くX印のメタル・チューン#2「BLUE BLOOD」で稲妻のような衝撃が全身を駆け抜けていく。本作がメジャー1stアルバムであるのだが、そのシーンに乗りこんできても、「これがXだ!」と言わんばかりの攻撃的なサウンドとドラマ性で楽曲を彩り、過剰なまでのエモーションが迸っている。これが一般層にまで波及し、爆発的な人気を得るから不思議なもの。とはいえ、Xはそのカリスマ的な地位に登りつめるために必然のサウンドを鳴らしていたわけだ。

 象徴的ともいえる代表曲の#7「紅」は、今聴いてもまるで色褪せない破壊力と美が共存している。メジャー・デビュー後初のバラード曲となったバラード#6「ENDLESS RAIN」では、YOSHIKIの美しいピアノやHIDEの胸が熱くなる様なギターソロ、TOSHIの掠れた歌声が涙を誘う。加えて、ライヴに欠かす事のできない#5「X」や#8「オルガスム」も収録しており、シャッフルを取り入れた#4「EASY FIGHT RAMBLING」や演奏陣の高い技巧を裏付ける#8「XCLAMATION」もいいスパイスとなっている。後の「Art Of Life」にも通ずる、約12分にも及ぶ大作の「ROSE OF PAIN」もまた感動的であり、空前絶後のスケールとエンターテイメント精神を持つ全12曲約65分の本作は、最高傑作と評価されたのも納得だ。

 ここまで過激でギリギリのスリルを味わう様な感覚もあるのに、ポピュラリティも備えて日本人だからこそ生み出せるメロディや風情を備えているのも驚かされる。他のバンドには無い個の強さがあり、求心力も半端なものではない。やはり、Xは偉大。そんな彼等が創り上げたヴィジュアル系だとかメタルだとかのジャンル、そして時代を超えて燦然と輝く歴史的な名盤である。


Jealousy

Jealousy(1991)

 約3年ぶりとなる3rdアルバム。初の海外レコーディング(ロサンゼルス)となった作品で、実は『BLUE BLOOD』よりも売れていたりする。制作当初は、後に発売される『ART OF LIFE』等の楽曲を収録しての2枚組を予定していたとか。また、TAIJIが参加した最後の作品でもある。

 初めて紅白に出場した時に披露したX屈指の名曲#2「Silent Jealousy」を始めとして、本作もまた佳曲ぞろい。また、YOSHIKIの楽曲をメインに据えつつ、メンバー全員が作詞/作曲に参加しているので曲調もこれまでになく豊か。バンド史上最速曲となる#7「Stab Me In The Back」から、ロックンロールな快感が襲う#3「MISCAST」や「Joker」、それにTAIJIのアコギをメインに据えた優しくも情熱的なバラード#6「Voiceless Screaming」、HIDEの多重録音によって生み出された実験的な#8「Love Replica」などが華を添え、Xらしさを残しつつも新たな領域を目指した事が伺える。

 YOSHIKIの王道といえる感動的なバラード#10「Say Anything」もまた見事で、作品全体を通しての洗練と整合が成されたという印象は強い。前2作で感じた破滅的な衝動は薄らいだとはいえ、多彩な曲調はXの新しい基点となった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする