You Blew It! ‐‐Review‐‐

アメリカ・フロリダのエモ・バンド。Topshelfが送り出すこの新星は、昨今のエモ・リバイバルの中でも印象的な輝きを放っている。現在までに2枚のアルバムをリリース。


Keep Doing What You're Doing

Keep Doing What You’re Doing(2014)

 アメリカ・フロリダのエモ・バンドの約2年ぶりとなる2ndアルバム。プロデュースは、Into It. Over ItのEvan Weissが務めている。

 Topshelfが自信を持って送り出す、彼等もまた昨今のエモ・リバイバルのムーブメントに関わるバンドといえるだろう。骨格のどっしりとしたサウンドの中にしなやかさがあり、郷愁を誘うようなメロディがあり、蒼々しいエモーションがあり。実にTopshelfらしい優良バンドで、Get Up KidsやAmerican Football等に影響を受けたということだけど、勢いよりも味わいに重点を置いたつくりなのも良い。洗練されたという表現は当てはまると思うが、渋い哀愁を漂わせる辺りもちょっと癖になる要因かな。特にこのバンドはヴォーカルの表現に長けており、少し枯れ気味の声で歌うのが大半だけど、寄り添うように優しく歌い上げるのもお手の物。

 挨拶代わりのエモ・パンク#1「Match & Tinder」、シンプルながらも夜空の星のようなロマンが感じられる#3「Strong Island」、シューゲイズ風のギターも飛び出す哀愁と泣きの1曲#5「House Address」等で要所を締めつつ、ttngを思わすようなマスポップを聴かせる#7「Rock Springs」という変化球もキまっている。さらにラスト#10「Better To Best」をシンガロンガも印象的。全10曲34分と軽めのランニングタイムであるが、じっくりと噛みしめて味わいたい一枚に仕上がっている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!