Young Magic ‐‐Revie‐‐

NY在住オーストラリアとインドネシア出身の男女トリオ。2012年初頭にToro Y Moiが所属するCarparkよりデビュー作『Melt』をリリースした。


Melt

Melt(2012)

   NYを拠点に活動する3人組のデビュー作。Toro Y Moiが所属するCarparkよりリリースの運びとなった。これが前述したToro Y Moiのようなチルウェイヴ、それからアニコレ以降の音響インディ~サイケロック風の装い、それにエレクトロニカからクラブ・ミュージック~ヒップホップのようなテイストまでを取り入れた内容で意外とおもしろい。

 躍動感のあるパーカッションと予想よりも重いビートを下地にして、浮遊感のあるシンセや空間に溶けていくような男女コーラスがう甘い余韻を残しながら重なっていく。それでいて音の端々にトライヴァルでプリミティヴな感触を持たせていて、多国籍な雰囲気も感じ取れる。#2「Slip Time」は初期のGGDを現代風にアレンジした感じを個人的には受けたし、躍動するうねるビートと印象的なコーラスを中心としたどこか儀式的な#3も鼓膜に残る。次々と飛び出してくる多彩なメロディは、様々な境界線を飛び越えていく。前述したようなジャンルを自由にブレンドしつつも、もっとシューゲイズ要素や浮遊感が足されていてチルウェイヴ寄りかな。霧のようなシンセのレイヤーに結構はっきりした歌メロが乗る#6はその印象が特に強い。・・・とはいえ、全体的にはビートが効きすぎているので眠りに誘うようなものでもなく、MGMTみたいにサイケデリックを参照にしている感じも受ける。それも踏まえるとアニコレとかGGDとチルウェイヴの接近って感じの表現の方がいいのかなあと個人的に思ったりした。この手のファンは聴いてみる価値ありそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする