Experimental Music一覧

Boris ‐‐Review‐‐

世界の最前線で活動を続ける日本のロック・トリオ。ヘヴィロックを起点にあらゆる音楽へとアクセスし、血肉化したサウンドで全世界から高い評価を受けている。

thisquietarmy ‐‐Review‐‐

カナダ・モントリオールのギタリストであるEric Quachによる、アンビエント/エクスペリメンタル音楽系を中心に据えたソロプロジェクト。2005年のプロジェクト始動以来、20タイトル以上の作品を発表。2014年4月には、Tokyo Jupiter Recordsから日本編集盤をリリースした。

The Body ‐‐Review‐‐

ポートランドを拠点としているベース&ドラム編成による暗黒スラッジ・デュオ。脳味噌が真っ黒になる尖鋭的な拷問ドゥーム/スラッジ・サウンドで世界を制圧にかかっている。

Mark McGuire ‐‐Review‐‐

Emeraldsの元ギタリストによるソロ・ワーク。マニュエル・ゲッチングの美しきミニマリズムの継承と具象化、スティーヴ・ライヒの精神を宿した作品群は実に美しい響きを持って聴き手に迫る。

Portishead ‐‐Review‐‐

1991年に結成されたブリストル出身のトリップホップ・バンド。これまでに発表した『Dummy』、『Portishead』はどちらも傑作といわれており、世界各地で大きな影響を及ぼしている。長き沈黙を経て2008年には、実に11年ぶりとなる『Third』がリリースされた。

Jim O’Rourke ‐‐Review‐‐

アメリカのポストロック/実験音楽家。ガスター・デル・ソルやルース・ファーといったバンドへの参加に加え、『Eureka』という傑作を生み出している。日本文化への造詣も深い。

Fuck Buttons ‐‐Review‐‐

ノイズによる表現力を追求し続けているUKブリストルの2人組。これまでに発表した2枚のアルバムはいずれもPitchforkにて高得点を獲得している。

スポンサーリンク
1 2 3 4