Experimental一覧

downy ‐‐Review‐‐

2000年代前半に活躍し、一部から熱烈な支持を受け、数多くのフォロワーを生んだ革命的なロック・バンド。全6枚のアルバムはいずれも傑作と言われるほどの完成度を誇る。

ROTH BART BARON ‐‐Review‐‐

東京出身の2人組フォーク・ロックバンド。フォークやインディー・ロックを主体に多彩な楽器で彩られた音楽は、柔らかなリリシズムと哀愁を感じさせ、高い評価を得ている。

Altar of Plagues ‐‐Review‐‐

James Kellyを中心に2006年に結成されたアイルランドのポスト・ブラック・メタルバンド。2009年に1stアルバム『White Tomb』をリリースし、アンビエント~シューゲイザーを内包したブラックメタルとして脚光を浴び、その後も2枚のフルアルバムをリリースしたが2013年7月に解散した。

goat ‐‐Review‐‐

狂うクルーのAKKUN(SAX)をメンバーに迎え、バンド名義もTalking Dead Goats"45から改めた、日本のエクスペリメンタル・バンド。

Radiohead ‐‐Review‐‐

現在の音楽界をリードするUKの革新的かつ巨大な存在の5人組。『OK Computer』、『Kid A』といった代表作が全世界に与えた影響は計り知れない。

Tape ‐‐Review‐‐

スウェーデンはストックホルム在住の ヨハン・バットリング、トーマス・ハロンステン、アンドレアス・バットリングによる音響トリオ。現在までに5枚の作品をリリースし、ここ日本でもコアな人気を獲得している。

スポンサーリンク
1 2