Japanese一覧

神聖かまってちゃん ‐‐Review‐‐

千葉県出身の4人組ロック・バンド。インターネットを介した破天荒な活動で話題になり、さらに一般公募枠にてサマソニ2009に出演したことで人気が加速。以降、第3回CDショップ大賞の準大賞を受賞するなどの活躍を果たす。

ゴールデンボンバー ‐‐Review‐‐

ヴィジュアル系・エアーバンドを名乗り、演奏しないという一点突破であらゆる壁を破壊。今ではお茶の間を賑せるエンターテイメント集団である。代表曲「女々しくて」で紅白歌合戦への出演も果たした。

上半期BEST 2015

恒例のベスト記事2015年上半期編です。2015年上半期のベストアルバム、ベストトラック、印象に残ったライヴをそれぞれ選出しています。弊サイトの上半期アクセスランキングも掲載。

NECRONOMIDOL ‐‐Review‐‐

2014年結成、都内を中心に活動する暗黒系アイドル・グループ。通称:ネクロ魔。ブラックメタルやポストブラック、ダークウェーブといった要素を取り入れた音楽で、異彩を放っている。

deadman ‐‐Review‐‐

名古屋の4人組ロック・バンド。ヴィジュアル系に属しつつも、オルタナティブロックやグランジを大胆に取り入れた音楽で稀有な個性を放った。2006年をもって活動休止。

Awesome City Club ‐‐Review‐‐

「架空の街 Awesome Cityのサウンドトラック」をテーマに楽曲を制作する男女混成5人組。2013年の結成から2年ほどでメジャーデビューを果たす順調なバンド活動で、今の音楽シーンで注目を集める存在。

GOATBED ‐‐Review‐‐

cali≠gariのヴォーカリスト、石井秀仁によるサイドプロジェクトにとどまらないプロジェクト。ニューウェイヴ/エレポップを軸足にどこまでもユーモアをもってつらぬいていきます。

清春 ‐‐Review‐‐

黒夢・sadsのヴォーカリストとして、ジャンルを超えて大きな影響を及ぼしてきたカリスマ。2003年にメジャーデビュー10周年の一環としてソロ・プロジェクトを始動させ、以降はコンスタントに作品をリリースしている。

NETWORKS ‐‐Review‐‐

〈楕円運動のダンス音楽〉〈最終的に祈祷になること〉といったコンセプトを基盤に、クリエイティヴな音楽を創造する東京発(元は関西の結構名の知れた人たち)の3人組。

スポンサーリンク
1 3 4 5 6 7 8 9 29