「 Post Hardcore 」一覧

Self Defense Family ‐‐Review‐‐

Self Defense Family ‐‐Review‐‐

2003年に結成されたNYのポストハードコア・バンド。End Of A Year名義で活動を続け、2011年に現バンド名へ変更。サウンドもDISCHORD系ハードコアから円熟激渋のエモへと深化させ、世界のシーンと戦っている

Giants Chair ‐‐Review‐‐

Giants Chair ‐‐Review‐‐

アメリカ・カンザスシティのポストハードコア・バンド。90年代の隠れた実力派と言われるバンドで、DISCHORD寄りのポストハードコアを鳴らした2作品を残し、解散。

Bluebeard ‐‐Review‐‐

Bluebeard ‐‐Review‐‐

1990年代後半~2000年初頭にかけて活動した日本のロック・バンド。2枚の7inchと1枚のフルアルバムと残した作品は少ないながらも、未だに日本最高峰のエモ・バンドとして後世に大きな影響を与え続けている偉大なバンドである。

Pitchfork ‐‐Review‐‐

Pitchfork ‐‐Review‐‐

後にDrive Like JehuやRocket From the Cryptに派生していくサンディエゴの伝説的ポスト・ハードコア・バンドのひとつ。1986-1990年と短命ながら、『Eucalyptus』という名作を残した。

Hoover ‐‐Review‐‐

Hoover ‐‐Review‐‐

1992年から94年までワシントンDCで活動した、ポストハードコア・バンド。1994年にDISCHORDから発売されたフルアルバム『THE LURID TRAVERSAL OF ROUTE 7』は、現在でも後世に大きな影響を与えている傑作だ。

Suis La Lune ‐‐Review‐‐

Suis La Lune ‐‐Review‐‐

スウェーデンの激情ハードコア・バンド。RaeinやLa Quiete等の欧州の激情ハードコアをベースにして、清らかな美しさとソリッドなサウンドを融合させ、人気を集めている。

Protest The Hero ‐‐Review‐‐

Protest The Hero ‐‐Review‐‐

カナダから出現したプログレ系ハードコア・バンド(元々はパンク畑に在住)。2005年に発表した『Kezia』が軒並高評価を経たことで人気が加速。ここ日本でも2007年に同作の国内盤がリリースされて火がつく。2008年に「Fortress」、2011年に『Scurrilous』をリリースし、確かな地位を築いている。

スポンサーリンク
1 2 3 4 5 6 7