若林正恭『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬 』を読む

飛行機の空席は残り1席――芸人として多忙を極める著者は、5日間の夏休み、何かに背中を押されるように一人キューバへと旅立った。クラシックカーの排ガス、革命、ヘミングウェイ、青いカリブ海……「日本と逆のシステム」の国の風景と、そこに生きる人々との交流に心ほぐされた頃、隠された旅の目的が明らかに――落涙必至のベストセラー紀行文。特別書下ろし3編「モンゴル」「アイスランド」「コロナ後の東京」収録。解説・Creepy Nuts DJ松永。第3回斎藤茂太賞受賞! 選考委員の椎名誠氏に「新しい旅文学の誕生」と絶賛された名作紀行文。

 キューバを一人旅することで実感する日本との違い。旅をしながら思い出す親父さんとの日々。ここでしか体験できない未知の経験。キューバの英雄・ゲバラの信念や生き方を通して、自分を見つめ直す。それを現地で行うってのが旅する醍醐味のひとつなのかもしれない。

 本作で印象的なのは、あとがきにある「コロナ後の東京」。20ページに満たないながらも、3カ国を経験しての現在、過去の家族との関わりを通しながら著者の考えが述べられている。他の国と日本の大きな違いは、”この国は世間を信仰している”ということ。個性的に生きろ、空気を読めという背反する中で世を渡り歩くのは難しい。でも、新感染症の世になってもそれは続く。

 DJ松永の解説は、もはや若林さんへの感謝状のようで解説を成してないけど、読んでて微笑ましい。そして、彼の言うように若林さんにエネルギーをもらった人は多い。自分もそのひとりです。

まさか、自分の欠落に苦しんできたことが、誰かを生かすなんて思いもよらなかった。初めて、自分の欠落に感謝した。俺にとっての自信とは、欠落があったからこそ巡り会えた価値だ(p332)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる