フェミニズム文学の金字塔 チョ・ナムジュ『82年生まれ、キム・ジヨン』を読む&鑑賞

 韓国フェミニズム文学の金字塔といえるベストセラー小説。映画化され、日本でも2020年に劇場公開となっています。自分は映画鑑賞 → 小説という順で追いました。言われているように、映画版の方が確かにソフトな感じでしたね。小説の方が容赦がない感じを受けます。

 小説は精神科医から診たキム・ジヨンのカルテという形式をとる。”キム・ジヨン氏は〜”というように人物を◯◯氏と呼ぶ。そして、男性の登場人物はジヨンの夫であるチョン・デヒョン氏以外、名前がない。与えられてないというべきか。映画版はそうではないんだけど、ジヨンの弟や父も小説版には名前がない。

 フィクションだが、ノンフィクションっぽい語り口でわりと淡々としてる。でも、様々なエピソードの断片に触れると、驚きの切れ味で読者に迫る。これらの背景にある韓国社会の当時の統計データを同時に掲載しているので、重みをさらに感じる。女性は共感と連帯を高めながら読み、男性は猛省しながら読むという気はしています。

 社会に当たり前のように浸透している価値観が生んでいる性差別。異性からの無意識や無神経からくる言葉や態度の罪深さ。ラストにおける絶望感(カウンセラーの方でさえそうなのか)。キム・ジヨンを通して、自分を振り返り、これからを考える。ひとりひとりの意識変革でしか世の中は変わってはいかないのだから。

 こちらが映画版。日常で降り積もる女性の苦しみ。労働、育児、風習によりさまざまな場面で責められるジヨン(チョン・ユミ)を観る。それを通し、問われ続けているような感覚がずっとあった。男性の場合は特にそうだろうと思う。何が悪いか、わかってる?って感じで。

 夫(コン・ユ)は本作ではいい主人に見えた。歩み寄っているし、彼なりに努力している。けど、ジヨンからすると、そうじゃないんだ、本当のことはわかってもらえてないんだと落胆し続けるばかり。彼が妻に言った「君も休んだほうがいい」ってのは子育てを甘くみた魔の言葉だなと。家事に関しては「手伝うよ」と軽く言うし。

 自分が観てた回も女性8割で男性2割ぐらいの割合だったけど、これを観なきゃ始まらない。そういったメッセージを送る真摯な作品。8月に鑑賞した『はちどり』と共に観て、まずは知ることである。原作小説と映画版では終盤に大きな改変があります。原作が2016年、映画が2019年という時を経て、MeToo運動などの高まりがこのラストを生んだという印象を受けます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる