二宮敦人さんの『最後の秘境 東京藝大 天才たちのカオスな日常』読書感想

やはり彼らは、只者ではなかった。入試倍率は東大のなんと約3倍。しかし卒業後は行方不明者多発との噂も流れる東京藝術大学。楽器のせいで体が歪んで一人前という器楽科のある音楽学部、四十時間ぶっ続けで絵を描いて幸せという日本画科のある美術学部。各学部学科生たちへのインタビューから見えてくるのはカオスか、桃源郷か? 天才たちの日常に迫る、前人未到、抱腹絶倒の藝大探訪記。

 二宮敦人さんの『最後の秘境 東京藝大 天才たちのカオスな日常』を読み終えました。久しぶりの二宮作品。氏の妻が通う東京藝大に興味が湧き、そこで学ぶ人々にインタビューをしながらまとめあけだ一冊です。学生時代のKing Gnu・井口さんも登場する。

 漫画『ブルーピリオド』でも登場し、東大よりも入るのが難しいと言われる東京藝大。その内部はよくわからんものですが、本作を読んでわかるかというとそうでもない(苦笑)。事細かく専攻がわかれ、そこに通う人々の話が延々と続く。でも、それがおもしろい。特殊な人間しか入学できないってのもあるけれど、ものづくりの時間が好き過ぎてという人もいれば、美術や音楽から逃れられない人生だという人もいて、遊び感覚でやってることがとんでもないこと・モノになる人もいる。

 「一人一人がオリジナル」とあとがきにありますが、ここに出てくるのは先鋭化した人ばかり。人間はここまで突き詰められます、人間はここまで没頭できます。それでも藝大卒業後は半数が行方不明。何年かの天才をひとり生んで、残りはフリーター。普通じゃ生きられないってこういうことなのか。.

 本当にいろんな人たちが出てくるので、芸術に対しての向き合い方・考え方、達成するためのプロセスも様々。それらがやっぱりおもしろく思う。狂気があるからこそ芸術は輝くのか。今みたいな日々が続いてるから、その尊さがより染みる。

 コミック版も出ています。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる