音楽、書籍、映画の感想を主に綴っているブログです。

人間の多面性とその疑い『ルース・エドガー』鑑賞

緊急事態宣言前の作品を解除明けに立て続けに観てきましたが、ここからは新作をメインにということで『ルース・エドガー』を鑑賞しました。

アフリカの紛争地帯で幼少期を過ごし、アメリカのある白人家庭に養子として引き取られたルース・エドガーくん(幼少期の名前は発音しにくいため、”ルース”と改名した)。英才教育のおかげで、文武両道・品行方正に育った彼は、通ってる高校の象徴的な模範生徒、バラク・オバマ氏の再来と称えられる。

ところが、提出したレポートには思想的な問題があると教師が彼に対して疑念を抱く。あの子、優等生だけど裏ではとんでもない企みをしていて危険ではないかと。そこで両親に相談したことで、ルース、養父母、教師、それぞれの対立が起こっていく。プライバシーを侵害してまで信念を貫く教師、養子だから息子を完全に信頼しきれない両親、怪物にならないために聖人を続ける息子・・・。

¥4,073 (2021/05/29 15:45時点 | Amazon調べ)

奇しくも公開時期に人種差別がタイムリーな話題となってます。とはいえ本作はより複雑で、単なる黒人差別の作品ではない。黒人と黒人の間にも溝があることや特殊な家族形態、教師による生徒への安易なカテゴライズなどをサスペンス仕立てで描く。ルースくんは優秀、その完璧さの中で本当はどんな人間なのか。 悲惨な体験をした少年を養子として迎えて素晴らしい人間に育てあげた夫婦、でも本音はどうなのか。

オクタヴィア・スペンサー演じる黒人のウィルソン先生がとにかく強烈で、この人も箱に閉じ込められないように生きてきたんだなあと憂う。本当のことを話してという人が本当の想いを話していない。勝手に押し付けられた役割・カテゴライズが人々を苦しめてしまう。と同時に人間のわからなさを突きつける。人間は複雑な面を持ち合わせ、ある人が見れるのはその一面であり、他の人が見れるのは別の一面であり。本作を観ながら、平野啓一郎氏の”分人”という考え方があるが、じわっと頭の中に浸透してきた。他者はわかるってことは、相当に傲慢なことなんだと改めて思います。

どこまでも追いかけてくる、黒人であり、移民であり、養子であるということ。彼には逃れられない苦しみが続くことを示唆するラストシーンは、こちらも苦しくなってしまった。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる