2004年1月~2017年7月まで13年間、音楽サイトとして運用。4年ぶりに形を変え、2021年6月より再始動。

しょうがないの先にある輝き 『アルプススタンドのはしの方』鑑賞

第63回全国高等学校演劇大会で最優秀賞となる文部科学大臣賞を受賞し、全国の高校で上演され続けている兵庫県立東播磨高校演劇部の名作戯曲を映画化。夏の甲子園1回戦に出場している母校の応援のため、演劇部員の安田と田宮は野球のルールも知らずにスタンドにやって来た。そこに遅れて、元野球部員の藤野がやって来る。訳あって互いに妙に気を遣う安田と田宮。応援スタンドには帰宅部の宮下の姿もあった。成績優秀な宮下は吹奏楽部部長の久住に成績で学年1位の座を明け渡してしまったばかりだった。それぞれが思いを抱えながら、試合は1点を争う展開へと突入していく。

 野球部ってだけで自動的に嫌いと言ってた演劇部の2人の女子が、かったりーと思いながら野球部の応援のために、スタンド席のはしへ座る。その付近には元野球部の男子、上の通路には成績優秀な女子生徒がいた。彼・彼女たち4人の会話劇がストーリーを推し進め、野球はあくまで音だけ。グラウンドであったり、選手がプレーしている姿は一切、映らない。

 けれども、その会話劇がとても見事。青春の問いかけ、テーマといえそうな”しょうがない”。「桐島、部活辞めるってよ」的な要素を感じつつ、言葉の往復が非常に心地よいユーモアと感動をもたらします。

 スタンドのはしっこっていうシチュエーションと会話劇で、ここまで入り込めるとは、観終わってから驚きが大きかった。それに応援しようという気持ちの伝染。自分も4人の話が気になりまくってたとはいえ、最後の方では試合の行方がいつの間にか気になってる不思議。「茶道部の顧問が”おーい、お茶”最高っておかしいでしょ」っていうセリフがまたおもしろくて。勉強、部活、恋の青春3充実は進研ゼミなることも本作で知る。

 とはいえ、どんな青春だって否定しない。それぞれが眩しく輝く。先週観た『君が世界のはじまり』では「人にやさしく」だったけど、本作では「TRAIN-TRAIN』。ブルーハーツは偉大だ。

目次
閉じる