音楽、書籍、映画の感想を主に綴っているブログです。

出会わないことで紡がれる物語 『パリのどこかで、あなたと』鑑賞

「スパニッシュ・アパートメント」のセドリック・クラピッシュ監督が、パリを舞台に不器用な男女の出会いを描いたラブストーリー。隣り合うアパートメントで暮らしているが互いに面識のない30歳のメラニーとレミー。がんの免疫治療の研究者であるメラニーは、過去の恋愛を引きずりながらも仕事に追われる日々を送っている。一方、倉庫で働くレミーは、同僚が解雇されたのに自分だけ昇進することに罪悪感を抱えていた。ストレスからメラニーは過眠症に、レミーは不眠症に陥り、それぞれセラピーに通い始める。マッチングアプリで出会った男性たちと一夜限りの関係を繰り返すメラニーと、職場で出会った女性とデートするも距離を縮められないレミーだったが……。主演は、クラピッシュ監督の前作「おかえり、ブルゴーニュへ」でも共演したアナ・ジラルドとフランソワ・シビル。

 パリで一人暮らしをしている男女それぞれの話。アパートが違うけど、角部屋に住んでいて一応お隣さんになる。ただ、主演の2人は街中ですれ違ってはいても、お互いを認識していない。いつ会うんだ、いつ会うんだというぐらいに出会わない物語。その絶妙に交わらない感じが都会に住むってことか。だって隣に誰が住んでいるかってわからないじゃないですか。

 2人ともにセラピーを受けるぐらいに不安定で、内には寂しさをかかえる。女性の方は彼氏ができればいろいろと解消されると思い、マッチングアプリに登録。そして、ハまる。たくさん男性に会うことはできた。でも、インスタントな出会いは人を幸福にはしない。挙げ句の果てにセラピストにSNSは逆に人間関係を悪くすると言われる始末。男性の方が仕事のストレスによるうつ病。どこか罪悪感を抱えて自分を責めながら生き続けている。ラヴストーリーではあるけれど、自己と向き合いながらどう生きていくか。何を取捨選択していくかを問いかけるような作品です。

 終盤にはある事件を通して、2人とも自分の問題と向き合い、一定の解決は見せる。なんにせよ”めぐりあう”というのはいろんな形があると思う。本作ではSNSを否定して、近所と周りの人が出会わせたが、もちろんSNSという形もある。人と繋がること、心を通わせるということはいつだって難しい。でも、出会えた時は!って希望を抱かせるラストでしたね。どこまで引っ張るんだってのが逆に凄かった(笑).

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる