風習を通した死者との向き合い方 『洗骨』鑑賞

¥5,280 (2021/06/26 22:23時点 | Amazon調べ)

洗骨───。今はほとんど見なくなったその風習だが、沖縄諸島の西に位置する粟国島などには残っているとされる。粟国島の西側に位置する「あの世」に風葬された死者は、肉がなくなり、骨だけになった頃に、縁深き者たちの手により骨をきれいに洗ってもらうことで、晴れて「この世」と別れを告げることになる。

 ガレッジセールのゴリさんが本名の照屋年之として監督・脚本を務めた一作。沖縄の一部の風習である洗骨。死者を風葬し、家族等の縁深き者たちによって4年後に骨を洗い弔う。そんな風習があるという事はもちろん知らず。洗骨のために4年ぶりに集まった一家は、それぞれに込み入った事情がありましたが、家族の、ひいては命の繋がりを描くという作品で良かったですね。

 心身ともに枯れ木状態にアル中も加わって死んだように生きる奥田さんは味があり、河瀬直美監督の『光』でもよかった水崎綾女さんも好演。特にインパクトがあったのは、島の外の人間で風習について何も知らず、笑いを通した緩和の役どころの鈴木Q太郎さん。そしてビシバシ肝っ玉叔母さんの大島蓉子さん。大島さんは先発もロングリリーフも抑えも全部やってるぐらい物語を締めてる、笑いも入れて。

 本来ならシリアスで重い作品になるところを、笑いを交えながらいい緊張感をもって観られるようにされてました。洗骨という風習を通した死者との向き合い方、それが今ある命、家族との関係にも当然つながる。そういった風習は自分たちには無くとも、本作をみて様々な想いを抱けたので良かったかなあと思います。ラストシーンにおける終わりと始まり。あの光景はある種の究極だなと。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる