『37セカンズ』鑑賞

¥5,280 (2021/10/01 05:13時点 | Amazon調べ)

ユマ23歳。 私は私でよかった ―― 。生まれた時に、たった37秒息をしていなかったことで、身体に障害を抱えてしまったユマ。親友の漫画家のゴーストライターとして、ひっそりと社会に存在している。そんな彼女と共に暮らす過保護な母は、ユマの世話をすることが唯一の生きがい。毎日が息苦しく感じ始めたある日。独り立ちをしたいと思う一心で、自作の漫画を出版社に持ち込むが、女性編集長に「人生経験がない作家に、いい作品は描けない」と一蹴されてしまう。その瞬間、ユマの中で秘めていた何かが動き始める。これまでの自分の世界から脱するため、夢と直感だけを信じて、道を切り開いてくユマ。ユマの挑戦を支えるヘルパー・俊哉(大東駿介)、娼婦・舞(渡辺真起子)との出会いを経て、その先で彼女を待ち受けていたものとは…

 生まれたときに37秒間、呼吸をしてなかったことで脳性麻痺となった女性・夢馬(ユマ)を主人公として描いた成長記。主演の佳山明さんは実際に脳性麻痺であり、彼女に合わせて映画の脚本が大幅に変更されたという(タイトルも含めて)。先にEテレで放送されたTV編集版を以前に観ていますが(今、観直しながらこれ書いてます)、そちらでは大東俊介さん演じる介護士、渡辺真起子さん演じる障がい者専門の性風俗サービス者のバックグラウンドが描かれていた。映画版ではそういうのは省かれて(たと思う)、完全にユマの視点で物語は進む。

 障がいというのはメインにあるけれども、ひとりの女性としての成長記という印象が強い。親の過保護や受け持つ漫画のゴーストライター、そういう支配から自立するために飛び出していくのだが、性への関心を描く前半、それから自己を見つめるためのロードムービー的後半でガラッと雰囲気は変わる。冒頭にある親子のシャワーシーンから覚悟を感じる作品。アダルト漫画の編集長(板谷由夏さん)にズバッと言われてから、彼女はどんどん行動し、様々な人に会うのですが、渡辺真起子さん演じる舞のパワーが凄くて背中をがっつりと押される気持ちがわかる。

 序盤では人から隠れるようにしていたユマが、終盤ではとてもきれいに見えた。話が一気に飛躍するのは驚いたが、「私はわたしでよかった」という台詞にたどり着くまでの行程として必要だったのでしょう。劇中に問いかけられる「生き方は、あなた次第よ」という言葉は誰しもに当てはまる。自分は自分を見つけられるのだろうかと。

 障がい者の性への理解を訴えた映画『パーフェクト・レボリューション』の基となる熊篠氏が本作に出演(私はそちらも観ています)。しかしながら渋川清彦さんや石橋静香さんをあれだけのちょい役で使えるっていうのがまた凄い。CHAIの「N.E.O.」がまた合っているよなあ。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる