目に映る悲しい現実『17歳の瞳に映る世界』鑑賞

第70回ベルリン国際映画祭銀熊賞(審査員グランプリ)受賞したヒューマンドラマ。友達も少なく、目立たない17歳の高校生のオータムは、ある日に妊娠していたことを知る。彼女の住むペンシルベニアでは未成年者は両親の同意がなければ中絶手術を受けることができない。同じスーパーでアルバイトをしている親友でもある従妹のスカイラーは、オータムの異変に気付き、金を工面して2人で中絶に両親の同意が必要ないニューヨークに向かう。「ブルックリンの片隅で」で2017年サンダンス映画祭監督賞を受賞し、一躍注目を集めたエリザ・ヒットマンの長編3作目。主演は本作が長編映画デビューとなるシドニー・フラニガン。「ムーンライト」のバリー・ジェンキンスが製作総指揮に名を連ねる。

 内容としては、望まない妊娠をした17歳の女性・オータムが、従弟のスカイラーと共にニューヨークへ中絶手術をしに行く。それだけです。ドキュメンタリーのごときタッチで彼女達を追い続ける。粗目の画質ながら対象に寄り添うカメラワークを用い、オータムやスカイラーのアップ、特に瞳がどこを見つめているかを撮っていることが多い印象でした。その瞳には、不安や哀しみ、これからへの憂い、世の中に対する敵意などがにじみ出ている。

 回想シーンは一切なく、ずっと現在進行形で進みます。オータムが既に妊娠した状態から物語はスタートしており、彼女の妊娠に至るまでの過程、相手は誰でどんなやりとりをしたのかという肝心な部分を一切みせてない。説明はあえてしていないと言った方が正しいかもしれません。セリフも極端に少なく、BGMもほとんどなし。淡々と克明に追っている感じが世間の残酷さと冷たさ、そして何よりも事の重大さを思い知らせてきます。常に悲劇の責任を負わざるをえないのは女性だと言わんばかりに。

 17歳の少女たちは危険な目と常に隣り合わせ。オータムとスカイラーがともにバイトしているスーパーでは、レジの売上金を渡すときに店長から過剰なスキンシップを受け、レジをしていても男達からの変な誘いが日常的にくる。オータムの義父も嫌らしくねちっこい印象しかない。長距離バスでナンパしてきたあの男もしかり。ニューヨークに到着してもサバイバルとしか言えない光景が飛び込んできます。ここまで極端じゃないにしても5月に鑑賞した『SNS 少女たちの10日間』を観たときに感じた、登場する男性ほぼ全員に覚えるおぞましさは共通している・・・。

あわせて読みたい
ハイパーモザイクパレード 『SNS 少女たちの10日間』を鑑賞。 18歳を超えているけど、童顔に見える女優3名が「12歳・女子」という設定のもとで、SNSで友達募集する。すると10日間で合計して2458名の成人男性(40代〜50代が多い)が、...

 中絶は殺人だと啓蒙するビデオをみせる診療所のおばさん、中絶反対とプラカードをかかげて抗議する団体の保守的な姿勢は、当事者の慰めにすらならない。オータムにとって頼れるのはスカイラーであり、逆もまたしかり。シスターフッド&ロードムービー的な描写が淡々としている中でも美しく煌めいていました。

 原題である『Never Rarely Sometimes Always』は、ある場面で中絶に向けてのカウンセリングを行っている際に、カウンセラーがオータムに問う言葉です。暴力的な問いでもあり、必要な問いでもあり。ここが想像以上に重く、常に伏し目がちで強がっていたオータムが、崩れ落ちたこのシーンが焼き付きます。中絶する場面は、逆に業務的に描かれていて対照的な印象を受けました。

 何事もなかったかのように終わり、帰りのバスで風景を物憂げに見つめる。視界が開けていくような未来はまるで見えないと感じさせるものがありました。観るのに痛みを伴う作品ですが、観るべき作品だと思います。特に男性は。ただ、男のわたしがこれを観て、その苦しみの一欠片でもわかったような気になるのも違う気はします。とにかく知ること、それができたのが良かったことだと思います。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる