階層とシスターフッド 『あのこは貴族』鑑賞

¥1,100 (2021/07/11 05:29時点 | Amazon調べ)

同じ空の下、私たちは違う階層<セカイ>を生きているーー。東京に生まれ、箱入り娘として何不自由なく成長し、「結婚=幸せ」と信じて疑わない華子。20代後半になり、結婚を考えていた恋人に振られ、初めて人生の岐路に立たされる。お相手探しに奔走した結果、ハンサムで良家の生まれである弁護士・幸一郎と出会う。幸一郎との結婚が決まり、順風満帆に思えたのだが。一方、東京で働く美紀は富山生まれ。猛勉強の末に名門大学に入学し上京したが、学費が続かず、夜の世界で働くも中退。仕事にやりがいを感じているわけでもなく、都会にしがみつく意味を見いだせずにいた。幸一郎との大学の同期生であったことで、同じ東京で暮らしながら、別世界に生きる華子と出会うことになる。2人の人生が交錯した時、それぞれに思いもよらない世界が拓けていく。

 地方者の憧れで肥大した幻想都市・東京を舞台にした物語。東京出身者の中にも階級がある。それは上を見ればキリがないほどに凄まじく。何不自由なく暮らして礼儀・所作が完璧な箱入り娘・華子(門脇麦)は、何度目かの婚活目的の出会いの末、結婚相手となる名家の幸一郎(高良健吾)と巡り合う。一方で田舎で暮らしていても仕方がないと東京に夢見て、名門大学に合格するも家庭の金銭的な事情に退学を余儀なくされる美紀(水原希子)は、この街で生きていこうと奮闘する。

 各階級における常識と見えない壁、たどり着けない領域。どんな人だって抱える生き辛さ。華子にとって難題であった結婚をクリアしたからといって、次には子作りという新しい難題が待ち受け、そのプレッシャーに辟易する。

 一方で東京の養分となり搾取され続ける美紀は、幸一郎との関係を持ち続けるも、地方の者でも東京の者でもない人になったようにみえる。幸一郎にしたって、家の名誉を傷つけるのはご法度なので、そのしきたりに沿った正しいレールを生きている。

 それぞれの辛さや苦しみの中で、もがき、前進と後退の繰り返しを余儀なくさせられながらも、月日は過ぎる。その描き方が非常にフェア。各々がぶつかる問題に納得できるし、だからこそ物語の豊かさがある。でも、え、そうなの!?と住む世界が違えばルールも違うというのを何度も何度も突き付けられる。当たり前のように最高グレードのカフェでお嬢様たちは食事とお茶を楽しむのをみて、あれはあり得ない世界だと確信した(笑)。

 シスターフッドな作品として石橋静香さん演じるバイオリニストの逸子、同じ高校出身の平田役・山下リオさんの役どころも見事でしたね。現在のMeToo運動への共振しつつ、生き方の選択は親をトレースする生き方よりも自分らしく。そう訴えているようで素晴らしい作品だなあと思いました

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる