泣けるフルコースと家族愛 『ステップ』鑑賞&読了

¥400 (2021/08/08 20:25時点 | Amazon調べ)

健一はカレンダーに“再出発”と書き込んだ。始まったのは、2歳半になる娘・美紀の子育てと仕事の両立の生活だ。結婚3年目、30歳という若さで妻を亡くした健一はトップセールスマンのプライドも捨て、時短勤務が許される部署へ異動。何もかも予定外の、うまくいかないことだらけの毎日に揉まれていた。そんな姿を見て、義理の父母が娘を引き取ろうかと提案してくれたが、男手一つで育てることを決める。妻と夢見た幸せな家庭を、きっと天国から見ていてくれる彼女と一緒に作っていきたいと心に誓い、前に進み始めるのだ。保育園から小学校卒業までの10年間―――。

 妻を亡くした僕(山田孝之)と娘の10年間。全6章仕立てで、あえてなのか妻の死から1年後に物語はスタートします。子役3人(mellowでも印象的だった白鳥玉季ちゃんは、やっぱりすごかった)を使って父娘2人の成長期が描かれます。泣けるフルコース、國村隼さんによる涙腺チャンス!みたいな箇所がいくつもありました。特にセリフが良いよなあ。かと思えば、「人生は思う通りにいかない」ってのも痛感させられる。

 そして久しぶりに観た気がするキレイな山田孝之さん、キレイな國村隼さんがインパクトがあった。まともな感じの人を演じるの自体が久々なんじゃないかなと勝手に思ってますが。國村さんはもうコクソンのイメージが強すぎて、あれはもう絶対に頭をよぎる(笑)。

 年代ごとに切り取られるため、伊藤沙莉さんや川栄さんは出番終えると早々フェードアウト。ちょっともったいなくねえか。それに最後の章でポスターに名前が載ってなかった萩原みのりさんが、看護士役で出てきてびっくり。中川大志くんをこんな贅沢に使えるのもすごい。

 最近またTwitterで見かけたってのもあるけど、ハライチ岩井先生の大名言「自分の子供を育ててイクメンって、意味わかんない」ってのが本作を観ると確かにそう思います。共に生きる、生きていくというのは尊いこと。


¥692 (2021/08/08 20:33時点 | Amazon調べ)

 映画鑑賞後に小説の方もと思い、読了。読んで照らし合わせると、映画はわりと原作に忠実に作られていますが、ボウリングのくだりは新たに追加されてのかという発見もありました。

 泣けるフルコース、家族愛。喪失を超えて再生へと向かう10年を描く。妻が永遠の不在となっても強く優しく歩んでいく僕と幼い娘。周りの人々も深い情を持って2人と接する。喜怒哀楽全部を背負いこみ、家族は形態を変えて存在し続ける。情と温もりをこれでもかと感じる物語。自分と向き合い、他者と向き合い、日々と向き合い、人生と向き合う。独り者の僕にも響く言葉が多々あったな。

悲しみや寂しさは、消し去ったり乗り越えたりするものではなく、付き合っていくものなのだ。悲しみを胸に抱いたまま生きていくのは、決して悲しいことではない。その人がいないという寂しさを感じる瞬間は、その人のいない寂しさすら忘れてしまった瞬間よりも、本当は幸せなのかもしれない(p344)。


.

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる