2004年1月~2017年7月まで13年間、音楽サイトとして運用。4年ぶりに形を変え、2021年6月より再始動。

氷の中で炎が燃え盛る downy『第六作品集 無題』

¥1,878 (2021/06/10 06:56時点 | Amazon調べ)

 約3年ぶりとなる6作目。見据えてる次元の違い、センスと技巧に支えられた楽曲のクオリティによって、downy半端ないって!の実績とインパクトを残し続ける彼等。復活作を経ての本作は同様に歌へと意識を払いつつ、シンセを大胆に使用しています。#1「凍る花」のイントロはそれだと思いますが(これをギターで演ったりもする人たちですが)、各所にシンセの軽い侵食があり。かと思えば、どこか奇怪なサウンドを構築する#2「檸檬」や#3「海の静寂」における青木ロビン氏の熱っぽい歌。

 それらがdownyのさらなる変容とアップデートを促していますが、強烈なリズム隊であったり、青木裕氏の加飾技術満点のギターであったりが土台としてもちろん存在。その中にも今回はウッドベースの使用、ブラックミュージック~ジャズ的な要素を追加したりという冒険もあったりしますけどね。僕としては異様にサイケデリックな#8「乱反射」から1番わかりやすい#9「翳す、雲」で締めが印象的でした。

復活作ほどのインパクトは自分としては無かったですが、何度か聴いてるとdownyは強烈であるというのをやっぱり思い知ります。Vo.青木ロビン氏は、本作を氷の中で炎が燃え盛っているみたいな表現をしていますが、言い得て妙だなと。職人たちが紡ぐ掴みどころがない芸術といいますか。

目次
閉じる