ググっても出てこないところへ 大森靖子『洗脳』

目次

洗脳(2014)

¥6,041 (2021/08/11 10:03時点 | Amazon調べ)

 情念の女、大森靖子さんのエイベックスからリリースとなる3rdフルアルバム。彼女の特徴といえば、アコースティックギターによる弾き語りスタイルが基本であります。それが”狂気と激情の弾き語り”と化し、千ノナイフガ胸ヲ刺スような強度と鋭さを持っていました。実際に2度ほど拝見したライヴでも、火曜サスペンスの終盤のような情念の音楽が繰り広げられていた記憶です。

 それが本作では、大胆に変化。驚くほど、豪華絢爛なポップ・アルバムに仕上がっています。性急なロックに可憐なキーボードが絡む#1「絶対絶望絶好調」、カラフルな電子音&四つ打ちにミスiD達のコーラス(寺島由芙さんも参加)を散りばめることでキュートに仕上がった#2「イミテーションガール」、メジャー・デビューシングル#3「きゅるきゅる」と冒頭からスリリングで目まぐるしい。その後もストリングスや打ち込みなどで幅を効かせながら、これまでの彼女から一歩踏み込んだポップで刺激的な音世界を具現化しています。

 それはカーネーションの直枝政広さんを始めとした8人ものプロデューサーによる助力、また多くのミュージシャンが参加していることも要因でしょう。彼女自身が音楽業界に風穴開けたいと飛び込んだのも大きい。その姿勢からは、赤い公園の2ndアルバム「猛烈リトミック」に近しいものを感じます。売れたい、もっと多くの人に聴いてもらいたい!という意志を。

 しかしながら、彼女が多くのファンに支持される歌詞については丸くなることもなく、今まで通り。「食べかけの愛にラップをかけて(#3「きゅるきゅる」)」や「ここは多機能トイレです(#4「ノスタルジックJ-POP」)」など印象に残るフレーズが多いです。サウンドが絢爛になったこともあり、歌詞の刺さり具合は以前ほどではなくなったようにも感じたりするが、やっぱり彼女の言語感覚はストレートでもあり、捻りが効いてもいるし、独特のセンスだなあというのを改めて感じます。

 個人的には、弾き語りの#12「デートはやめよう」が普段着の彼女が一番表現されているように思う。ライヴでも既に定番曲で「エロいことをしよう」と一緒に合唱するんだけど、そこがらしいというか。タワーレコードで購入すると、「大森靖子、夏の弾き語り音源6曲選」という特典CDが付いてくるのだが、こちらも大森靖子さんっぽいと思います。最小限の武器(アコギと歌)しか使ってないけど、その飾らないラフな感じが良い。ディフェンスに定評のある池上ではなく、弾き語りに定評のある大森みたいな(笑)。

 これまでの作品を踏まえると、どうしても本作は評価が二分しそう。個人的にも前のアルバムのほうが好きですが、意表を突かれたのも事実。J-POP産業に挑んだおもしろい作品になっているとは思うし、大森靖子はググっても出てこないところへ、これからも連れて行ってくれそうです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる