2012/07/17 いいにおいのするDARK SUMMER TOUR2012 @ 名古屋今池TOKUZO

  • URLをコピーしました!

1月の奇跡の来日を果たしたNadjaに続いてのいいにおいシリーズの開催である。毎度、毎度、驚きの招聘を続けていて、Vampilliaには本当に頭が下がります。今回はMAYHEMのボーカリストであり、Sunn O)))の影のメンバーとも呼ばれているAttila Csiharを招聘。

これだけでも驚きでしたが、当初はトレモロに命かけてますのポストブラック新世代Kralliceもアナウンスされていました(キャンセルになる)。共演はVampilliaに吉田達也大先生のRuins Aloneと精鋭がそろい、Voice On Voicesの初公演の夜を彩りました。

【スポンサーリンク】
目次

ライヴ本編について

「それじゃあ始めまーす」という軽い挨拶から、超人的なドラムが炸裂しまくったのが吉田達也大先生のRuins Alone。サンプラーに合わせて途中でエフェクトもいじったり、ドラムが乱れ打たれる。素人のわたくしが見ても唖然とするあのドラム捌きは圧巻。叩きながら呪文のような声を交える辺りも、常人には理解しがたい(苦笑)。去年見た小埜涼子さんとのSAX RUINSの方が感激したといえば感激したんですが、今回はソロならではのおもしろさがありました。

続いてはVampillia。Nadjaの来日時に見た時と同様に吉田達也+竜巻太郎ツインドラムの編成。ステージ上には9人なんだけど、ヴァイオリンやパーカッションの女の人って初めて見たような気がする・・・。それはさておいて、ストリングスの響きを利用した大仰なオープニングから、序盤は「Alchemic Heart」路線の長大重厚な曲を轟かせる。冷たい静寂の空間が、9人の感情や熱を帯びて轟音化していく様はダイナミックで壮観。いわゆるポストロック的な爆発ですが、音圧を増していく演奏も声も大迫力で五感に迫る。

さらには、「Day of Deperture~」からの曲を小刻みにかまして、耽美さからデスラッシュ的なサウンドまで響かせ、ラストの曲ではアッティラ御大を交えての饗宴で凄み を増す。関西のブルータル・オーケストラは今宵も各方面に振り切れていて、素晴らしいステージでございました。個人的にはこの日のベストでしたね。

最後はもちろんアッティラのVoid Ov Voicesです。キーボードとかエフェクター等のセットを真ん中に置いて、それを暗黒儀式用に飾り付け。そして、アッティラが凝りに凝った新コスチューム。結構近くで見てたけど、衣装が青白く光っていて何だかよくわからず。それにおそらく衣装からスモークを発していた。そんな姿で歌を披露する。・・・って歌じゃない。様々な声を発し、重ねながら、徐々に徐々に変質を遂げていく感じでしょうか。

頼んだコーヒーのカップが終始揺れるぐらいに重低音が響き、読経のようなものが反芻。さらには吐息すらも巧みに利用しながら声によって造形される闇。声をループさせているため、ミニマル・ミュージックに近い印象を持ちましたが、儀式という表現が一番しっくりくる感じでした。背筋をぶるっと震わせるような時間は延々と続いた。曲の切れ目で判断するなら3曲ほど披露し、約1時間強のステージ。終演後の「ありがとうございます、Thank You Very Much」というアッティラ自身の言葉で、その闇から現実へと人々を引き戻していた。

そして、次のいいにおいシリーズはついに待望の初来日を果たすAlcestです。Alcestの来日公演初日は名古屋なので、みなに先駆けての感動を味わってきたいと思います。

物販にてVoid Ov Voices初公式CD限定100枚、Vampillia+Attila Csihar「dottrue」限定100枚、TORMENTOR 「Anno Domini」サイン入りCD限定50枚は抑えました。Tシャツは買わなかったけど(こちらも限定です)。

【スポンサーリンク】
  • URLをコピーしました!
【amazon ブラックフライデー】
目次