Patrol ‐‐Review‐‐

90年代のエモの大御所である”Roadside Monument”のフロントマン、Doug Lorigが結成したグランジ・オルタナロックバンド。


 Zirconium

Zirconium(2009)

     アメリカのグランジ・エモ・オルタナバンドの2作目。録音は元マイナス・ザ・ベアのマット・ベイルスが担当している。

 重たい音の壁が目の前に形成されていきながらも、風情ある渋い哀愁が心をくるむ。90年代の中盤~後半にかけて活躍した人のバンドだけあって、グランジやエモ、オルタナといった言葉がそこかしこに漂ってくるサウンドが構築されている。サウンドガーデンなんかに似ているだろうか。けれども、随分と重厚でうねりのあるリフと鈍行のリズムは、グランジというよりはドゥームと呼べる範疇に接近している気がしないわけでもないし、8曲57分という大作主義からもわかるとおりに起伏・緩急に富んだプログレシッヴな構成はちょっと異質といえるだろう。

 動と静の緩急の生かし方、ツインギターによる濃淡のグラデーション、長尺な楽曲から滲み出てくる胸を撫でるかのようなストーリー性はバンドの力量を確かに物語る。また、70年代のサイケデリック感覚から現代のポストハードコア~ポストメタルまでもを幅広く投影されており、パワフルでありながらも不思議な妖気をまとったサウンドスケープは体全体に響く。この個性的なグルーヴはかなり癖になる人も多いことだろう。描かれる仄暗く荒涼とした雄大な風景は、否応なしに聴き手を圧倒してくれる。切ない彩を添えるフレーズがそこかしこに哀愁を垂れ流し、美麗なメロディが澱んだ空間に柔軟な潤いと風を与え、エモ系の歌い方で聴きやすさと男らしさを与えているヴォーカルも貢献度は高い。10分越える#1、#3は聴き応えばっちりだし、枯れた哀愁を漂わせる#5、思いのほか疾走感のある#2も心地よい昂揚感に満たされる。そんな本作は沈み込むような重さと解放へと導くメロディアスさが同居した渋い一枚。暗闇の中からうっすらとした鈍光を放つようなミステリアスで迫力のあるサウンドはとてもかっこいい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする