LUNA SEA、月と海の伝説

 1989年に結成された5人組バンド。90年代から2000年にかけての大活躍し、終幕。REBOOT後となる2010年代からはコンスタントに活動を続けており、ヴィジュアル系の発展、ならびに日本のロックシーンに多大な影響を与え続ける。最高傑作とされる94年作『MOTHER』を始めとして、オリジナルアルバムは10作を数えます。1999年、日本では初となった10万人という大規模のライブを成功させています。

 本記事ではオリジナルアルバム10作品について書いています。

目次

LUNA SEA(1991)

¥6,980 (2022/05/05 19:38時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

   X(JAPAN)に見出され、エクスタシーレコードより発売された1stアルバム。全10曲38分収録。インディーズ時代唯一の作品です。バンド名にある通りに、月と海が溶け合うような幻想的な美しさを持つのが彼等の特徴のひとつ。しかしながら本作では若さゆえの荒々しい衝動、スターダムにのし上がろうとする気概に満ち溢れています。

 ジャケット通りのヴィジュアル・ショック。ただ本人達がネタのように”音が非常に悪い”と口にしています(笑)。クリーントーンによる透明感のある美しさ、SUGIZO氏のヴァイオリンは初期から披露。ただ、それよりも“狂気”が聴き手を正気でいさせなくなるぐらいに強烈に感じます。XやDEAD END辺りの影響下にあることを伺わせるものの、ハードコア寄りの印象の方が強い。

 RYUICHI氏の鬼気迫るヴォーカルはメジャー以降と比べると非常に刺々しく、これ以降いかに優しい人間になっていったのかがわかる。”今は、ラララ。狂って痛い”と歌っていたのに。初期を代表する重要曲#2「TIME IS DEAD」、#10「PRECIOUS…」収録。

 また#6「BLUE TRANSPARENCY 限りなく透明に近いブルー」は、村上龍氏が芥川賞を受賞した同名小説にインスパイアされている。次作でリメイクされるとはいえ、SUGIZO氏のディレイギターの原点といえる#9「MOON」も存在感が大きい。初期衝動と譲れない美徳が本作に詰まる。

IMAGE(1992)

¥2,500 (2022/05/05 19:39時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

   メジャーデビューとなる2ndアルバム。全12曲約54分収録。ヴィジュアル系が百花繚乱化していく諸々の種が詰まっている作品です。前作の荒々しさや衝動性はやや薄れました。しかし、メジャー移行による洗練が成される中、人々を惹きつけるマニアックな部分が光っています。

 代表曲#2「Dejavu」は仄かに狂気を帯びながらメロディアスな疾走を聴かせ、ヴィジュアル系の王道といえる礎を築く。#5「Image」や#7「IMITATION」における耽美と神秘性は次作『EDEN』に引き継がれていくものがある。#3「MECHANICAL DANCE」には中盤のベースソロからギターソロという聴きどころと共に妖艶/狂気のダンスが開演。さらに#9「SYMPTOM」は美しいムードが一変して嵐に巻き込まれたかのようなダークな攻撃性、ツタツタビートによってヴィジュアル系発狂ソングの原点を作り出しました。

 ツインギターは多彩な表現力でもって幅広くなった曲調を支え、リズム隊は安定をもたらすと同時に主張すべきとこは激しく前に出ている。RYUICHI氏の声は刺さる鋭利さがこの頃はまだ勝っています。終盤には、リメイクされたことで壮大さと神秘性を帯びた#11「MOON」、LUNA SEA殿堂入り曲#12「WISH」がSLAVEとの絆をつなぐ。

 きめ細かなメロディとインディーズ期の衝動が融合し、彼等の美学が一気に開眼した作品と言えます。

EDEN(1993)

¥2,756 (2022/05/05 19:41時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

  3rdアルバム。全11曲約48分収録。タイトルが示す楽園のごとし。ポップになったと評されることの多い作品ですが、影ができないほどに清冽な光をあてようとする。クリーントーンを中心としたサウンドメイキングは神秘的な美しさ、独特の浮遊感を漂わせます。RYUICHI氏の歌声は狂気をひた隠しにし、包み込むような柔らかい表現へと向かっている(それでもトゲトゲしさは残っている)。

 オープニングを飾る#1「JESUS」が最も攻撃的な曲ですが、透明感のあるメロディは組み込まれています。以降の曲は儚さと神秘的な雰囲気が漂っており、単純なポップとは一線を置いている辺りはLUNA SEAの美学。垣間見せる刹那の衝動や狂気を上手く利用しながら、各人の放つ音がメランコリックに調和。美を純化して一層磨き上げています。

 1stシングル#2「BELIEVE」の煌びやかさと神聖さを携えての疾走を筆頭に、#4「RECALL」のような幻想的なバラードがあり、本作における変化の象徴といえる#7「IN MY DREAM」が大らかなポップ曲として存在する。

 なかにはシャッフル調のリズムを用いた#8「STEAL」、彼等にしては弾けるようなポップさと疾走感が伴った#11「STAY」といった試みもあり。メンバーからは失敗作といった発言も出ているそうですが、前作からベクトルを変えて描かれた夢現の世界。それはロマンティックな美をまとっています。

MOTHER(1994)

¥2,770 (2022/05/05 19:41時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

  4thアルバム。全10曲約48分収録。#1「LOVELESS」の神々しい幕開けから世界は変わる。そして、繰り出されるヴィジュアル系世界遺産#2「ROSIER」が世界を切り拓く。前作には希薄だったヴィジュアル系の狂おしいトーンを内包し、澄みきった光と退廃的な闇が混在。そして曲調はこれまで以上のバラエティに富んでおり、結成初期からの想像/創造性がここにきて爆発しています。

 ゴシックとインダストリアルの深みにはまっていく#3「FACE TO FACE」、荒々しくダークな疾走曲#4「CIVILIZE」、前作の延長上にある優美なメロディが降り注ぐ#6「AURORA」、デジタルエディットを交えながらパンキッシュな衝動と共に突っ走る#7「IN FUTURE」。ひとつひとつの楽曲は個性的でありながらも、不思議な一体感を持ち、相互に存在感を高め合う。

 細部におけるLUNA SEAとしての表現の追及。と同時にマニアックに寄り過ぎない大衆性も兼ね備えています。だからこそヴィジュアル系の雛形/王道と言われるべきものに、本作は成りえたのかなと。終盤はチャート1位を初記録したシングル#9「TRUE BLUE」を経て、#10「MOTHER」で壮大な締めくくり。『MOTHER』は5人の創造と融合が奇跡的に嚙み合ってできた月と海の伝説。ヴィジュアル系の最重要盤としての地位のみならず、日本の音楽界においても宝のような作品。

STYLE(1996)

¥3,400 (2022/05/05 19:43時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

 5thアルバム。全11曲約60分収録。完璧な『MOTHER』を超えなければいけない苦悩の中で放たれた作品です。おぼろげでいて重厚な#1「WITH LOVE」をスタート地点にして、様々なスタイルがひしめき合っています。らしさが凝縮した疾走チューン#2「G」、変拍子を主体に退廃的でいてドラマティックな浮き沈みがある#4「RA-SE-N」、かつてのLUNA SEA最長曲であった優美で儚いバラード#6「FOREVER & EVER」。

 ここまでの前半は、意図的にミディアムテンポを中心とし、暗く重い雰囲気をつくりあげています。演奏陣のグルーヴは練度を増す一方で、曲自体は明らかに難解さが増す。違う方法を携えて『MOTHER』とは別世界へ向かっており、それが当時の使命だったかのようにマニアックな音作りと精神性を支えています。初期における狂気や衝動とも別ベクトル。混沌として重いのが本作の特徴といえます。

 初期の狂気と終末論を振りまく#7「1999」を着火点にして後半は、視界が開けていく感覚があります。#8「END OF SORROW」と#9「DESIRE」のヒットシングルが聴き手を迎え入れ、#10「IN SILENCE」がプリズムのような透明感ある輝きを乱反射する。こだわり、苦しみぬいた先の構築美である『STYLE』は『MOTHER』を超えたと評する声もある。締めくくりの#11「SELVES」からは、安易な着地点よりも正複雑な感情を聴き手に残して終える。その混沌としたわからなさこそが本作の醍醐味だというように。

SHINE(1998)

¥2,300 (2022/05/05 19:44時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

  1年間の活動休止(各自ソロ活動)から復活後初となる6thアルバム。全13曲約69分収録。わたしが初めて聴いたLUNA SEAのアルバム。ソロ活動期間を終えてバンドが復活したら、RYUICHI氏が”河村隆一”としてLUNA SEAに加入したという事実が思いのほか大きかった。それは後に過去作をさかのぼって聴いて知れたこと。

 最大のヒットシングル#2「STORM」、ドラマ主題歌の珠玉バラードということでモノマネされる際に最もチョイスされる#5「I for you」という人気シングル曲を収録。ということで1番売れたオリジナルアルバムでもありますが、最も批判を集めている作品でもある。その不思議。

 理由としては、前述したように河村隆一化したRYUICHI氏の活かし方の模索。そして、アルバム自体がミディアムテンポの歌ものが多く、冗長になりすぎているきらい。さらに言えば壊れそうなほどの切なさは詰まっていても、かつての狂気じみたものが無くなってしまったことでしょうか。ヴォーカルの変化に合わせにいった結果、マイルド化したLUNA SEAという印象は拭えないです。

 その中でも、珠玉バラードってむしろこれじゃないかと言わしめる名曲#12「BREATHE」の存在が際立ちます。とはいえ、1998年にヴィジュアル系ブームを勢いづけた作品としての功績は大きいです。

LUNACY(2000)

¥4,000 (2022/05/05 19:46時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

   終幕前最後となる7thアルバム。全11曲約58分収録。”LUNACY”は結成当初のバンド表記であり、“改めて初心に戻る意味と、そして新たな第一歩”という意味で付けられたそうです。とはいえ、アルバムとしてヴィジュアル系的な様式美からあえて離れている。作品としての世界観よりもメンバーそれぞれの趣向が強く出ています。わかりやすいLUNA SEA像ではない。常に新しい場所へと向かおうとする姿勢は最後まで貫かれている。

 #2「Sweetest Coma Again」と#4「KISS」にはDJ CRUSH氏が参加してミクスチャーロックへの機運を高め、新機軸として機能。インダストリアルなイントロから重厚なロックを轟かせる#8「a Vision」、重と美の間を華麗に行き来し続ける#9「FEEL」もまたそちらに属す曲でしょう。野心と変化を信条とするバンドの精神性は、変わらない。

 終幕前の各人のバチバチ感はどこか感じる。ですが成熟したグルーヴと歌があり、#5「VIRGIN MARY」や#11「Crazy About You」のバラードは10年かけて得た優しさと包容力があります。幻想的な美しさとダウナーな雰囲気を持つ#3「gravity」、INORAN氏が最も主役となるライヴ定番曲#10「TONIGHT」といった彼等を語る上で欠かせないシングル曲も収録。

A WILL(2013)

¥4,329 (2022/05/05 19:50時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

 約13年5カ月ぶりとなる8thフルアルバム。『A WILL』というタイトルは遺言を意味しているそうで、SUGIZO氏いわく”2度目にして最後の1stアルバム”。端的に言えば、LUNA SEAらしさが溢れた作品であり、ファンが望んでたような作品です。

 先行でリリースされてきたシングル曲#2「ROUGE」、#3「The End Of The Dream」、#6「乱」、#10「Thoughts」からそうでしたが、みながイメージするLUNA SEAがこれでもかと表現されています。REBOOTの重圧を跳ね除ける制作意欲の基で、かつてを思わせる勢いと重厚さ、洗練・熟成された構築美が生まれている。疾走感のある力強いロック、味わい深い叙情的なミディアム・チューン、甘美で壮大なバラードまで実に彼等らしい的確なバランスで作品を構成。

 透き通るようなクリーン・トーンのギターとRYUICHI氏の見事な歌唱が映える#4「MARIA」、COTDを思わせる疾走曲#8「Metamorphosis」、ヴァイオリンがフィーチャされた#9「銀ノ月」など佳曲ぞろい。SUGIZO氏がbridge誌のインタビューでは”とにかく感謝と愛情が詰まったアルバム”と表現していましたが、「もう輝けない」なんて言ってほしくないほどに本作は力強い音が鳴り響いています。

LUV(2017)

¥2,833 (2022/05/05 19:51時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

 約4年ぶりとなる9thアルバム。全11曲約60分収録。大黒摩季さんがコーラスとして3曲に参加。LUNA SEAらしさを追及した前作からすると、光と闇の両側面から浮かび上がらせた愛とポップさがあります。

 リード曲となった#1「Hold Your Down」が分厚いアンサンブルとエレクトロニクスが溶け合い、本作中で最も明るい光を放つ。その流れを汲むポップサイドの楽曲が並び、ロック色の強い楽曲にしても彼等らしいエッジがやや削がれた感じがあります。そのため、賛否両論の作品です。

 モータウン風味の#3「誓い文」、ポストクラシカル風味を塗したクラブミュージック「Ride the Beat, Ride the Dream」という新機軸をぶち込み。しかしながら、クールな疾走感で暗闇を駆け抜ける#5「THE LUV」、LUNATIC FEST2018で実際に体感して度肝を抜かれた壮大なプログレ曲#7「闇火」が控えており、LUNA SEAの影となる部分は切り離していない。

 作品としては終幕前の『SHINE』と『LUNACY』の合成からの進化という印象があり、円熟した表現と感性で応える温かい愛が全編から溢れています。ラストを飾る#12「BLACK AND BLUE」は音楽で世界の人々を救おうとするエネルギーとメッセージ性に富んでいる。

CROSS(2019)

¥3,878 (2022/05/05 19:52時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

 約2年ぶりとなる10thアルバム。全11曲約54分収録。初めて外部プロデューサーを迎えた作品で、グラミーを5度受賞したスティーヴ・リリーホワイトとの共同制作。基本的には前作のポップ路線を継続しています。

 U2イズムが浸透したスタジアム・ロック#1「LUCA」からスタート。シンセ/ストリングス/ピアノを交え、豊かな起伏の中でひたすら壮大に高みを目指していく#2「PHILIA」が鮮やかに世界を彩る。30年に及ぶ熟練のグルーヴの上に重なり合う優美さ、浮遊感がこの上なく柔らかな雰囲気を生み出しています。

 その上で作品から感じるのは音が一層ゴージャスになったという感覚。ジャケットのような聖性とした白がイメージとして浮かび上がる。唯一パンチのある疾走曲となった#3「Closer」、SUGIZO氏特有のディレイギターが堪能できる#6「宇宙の詩」には、90年代のLUNA SEAを彷彿とさせる部分があります。

 後半はミディアムテンポのバラードが多く固まっているため、バラード・コーディネーターとして才覚を存分に発揮。ヴォーカル、演奏共にどんどんと熱量を上げていくパワーバラード#10「静寂」、アコースティック調で切なさが際立つ#11「so tender…」という終盤は、悲痛さと美しさがせめぎあう。30年に及ぶ熟成。大人のロック。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる