2024年1月5日をもって当ブログ設立20周年を迎えました。でもまだ続きます。

【アルバム紹介】Them Crooked Vultures『s.t.』

 Foo Fightersのデイヴ・グロール(Dr)、Led Zeppelinのジョン・ポール・ジョーンズ(B/Key)、Queens of the Stone Ageのジョシュ・オム(G)からなるスーパー・ロック・グループ。2010年にはフジロックへ出演。

 本記事は唯一のフルアルバム『Them Crooked Vultures』について書いています。

タップできる目次

アルバム紹介

Them Crooked Vultures(2009)

 1stアルバムにして、現在のところ唯一の作品。全13曲66分収録。その一音を鳴らした時は全身の細胞が震えを覚えました。ジョシュの影響力が強いからか、サウンドの核はQOTSAの配合比が一番大きい印象。ですが、剛直なハードロック・ナンバーからサイケデリック・テイストの曲、砂嵐を起こしながら荒野を駆けるグランジ~ストーナー・ロック的な曲、60年代のクラシック・ロックまで曲調は様々です。その熟練された渋い味のある楽曲にグッとくるものはある。3人のバックボーンを活かしながら多彩な楽曲をそろえている。骨太なサウンドで熱さを感じさせ、ロックンロールの醍醐味を肌に感じさせることは見事。

メインアーティスト:Them Crooked Vultures
¥1,500 (2024/02/07 15:16時点 | Amazon調べ)
お読みいただきありがとうございました!
タップできる目次