This Will Destroy You、轟音系からの深化

  • URLをコピーしました!

 アメリカ・テキサス州サンマルコス出身の轟音インストゥルメンタルバンド。流麗な叙情性と有無を言わさぬ轟音の交錯は人々を魅了する力を持っていています。05年のデビュー作『Young Mountain』が海外紙の”Top 50 Instrumental Albums of 2005″を得たのをきっかけに一気に世界的評価を高め、現在までに7枚のフルアルバムをリリース。

 本記事は初期3作品について書いています。

目次

Young Mountain(2006)

   1stアルバム。全6曲約36分収録。当時、地元の大学生だった彼等がライヴ後のデモとして販売していましたが、Magic Bullet Recordsの目に留まって商業的にリリースに切り替えられました。初期から真っすぐに人々の胸を打ち抜く轟音インストが持ち味で、Explosions In The Skyのようにドラマティックな静から動への切り替え、シンプルな構成が肝。#4「Grandfather Clock”」ではアルバム・リーフ辺りを思わせる鍵盤による装飾を含みます。ですが、純度の高いメロディやノスタルジックな旋律が折り重なり、圧力を高めながら美しい轟音へと発展していく様は圧巻。特に5分にも満たない尺で激しく美しい音楽の神秘を体感させてくれる#1「Quiet」が素晴らしい。同曲はESPNのドキュメンタリー映画『The Fab Five』で使用され、#3や#6も映画の予告等で使われています。

This Will Destroy You(2008)

   2ndアルバム。全7曲約51分収録。轟音系ポストロックの真髄を堪能できる1枚です。本作は静から動へと順当に移行する曲がほとんどで、EITSや初期Mogwaiの流れを汲む。切ないメロディはノスタルジックな感情を奥底から呼び覚まし、悠然としたリズムは昂揚感を高め、猛り狂う轟音が恍然とした感覚に陥れていく。そこに絡むエレクトロニカやストリングスもまた見事な輝きを放っています。前作よりもさらなる迫力を増した轟音が魅力。特に#3「Threads」はバンドの代表曲であり、フィードバックの轟きは先人たちを凌駕しようとする。また#7「They Move on Tracks of Never-Ending Light」は2010年の冬季オリンピックで使用されたり、トレヴァー・モーガン主演映画等で使われたこともあって、Spotifyでバンド史上最も多い再生回数(2600万回)を誇ります。わたしとしてはTWDYといえば本作が最高傑作です。

Tunnel Blanket(2011)

   3rdアルバム。全8曲1時間。本作はSuicide Squeezeに移籍しての作品。本作は”死”をテーマにしたということで、ダークな風合い。ドローン寄りの音楽で構成されていて、轟音ポストロックと単純に表現できるバンドではなくなりました。静と動のクレシェンドは消え、孤独なうねりが存在する。息が詰まるほどの緊迫感の中、荘厳で重たいサウンドスケープを丹念に練り上げています。各曲がトラック分けされてますが、壮大なストーリーを1時間超かけて奏でているように感じられる。GY!BEやMONOのような重たい終末観と心が痛むほどの悲劇的な美しさを表出。さらにはTim HeckerやYellow Swansを思わせるノイズにも勇ましく足を踏み入れます。それらが哀しみの底から浮かび上がる生命を表現しているようでもあり、暗い現実に打ちひしがれる姿を表しているようでもある。

  • URLをコピーしました!
目次