2006/05/11 Janne Da Arc「10th Anniversary Special Live」 @ 名古屋HeartLand

060511_6

 10th Anniversary INDIES COMPLETE BOXを購入し、そこに封入されている応募ハガキで抽選された300名だけが参加できたスペシャル・ライヴ。定員300名に奇跡的に当選したので参加することができた。ちなみにJanne Da Arcが名古屋で初めてライヴをしたのがこの会場らしい(当日のMCより)。個人的には、これが今のところ最初で最後のジャンヌのライヴとなっている。

 オープニングを飾った「ICE」からスタートしたライヴは、今なお人気と評価が高い初期曲からのオンパレードである。「闇の月をあなたに…」「Legend of~」、そして名古屋では初めて演奏するという「Psycho Dance」。インディーズ3作品のBOXセットを出したということで、セットリストは10年前を意識したものであることは予想できたけど、ここまで当時の空気でライヴを進めていくとは思わなかった。さすがにスペシャル・ライヴと銘打っているだけある。お馴染みの「Hunting」で締めくくられた本編に、HeartLandの限界キャパまで詰め込んだ300人も大興奮であった。いや、でも7曲しかやってないじゃん(苦笑)。その後のyasuのMCによると「このメンバーで初めてロケッツでやったライヴの曲順をそのまんまやってる」とのこと。

 当然あるよね、アンコール。というか2部構成のような形に個人的には捉えられたアンコールだったけど、「振り向けば・・・」や「HEAVEN」という最新のシングル群から、懐かしの「Junky Walker」「Desperate」といった曲を披露。ジャンヌの今と昔を提示していたことになるわけだが、音楽性として変化はあるにせよ、芯の部分は変わってないなあという印象は受けたかな。ポップでメジャー感のある曲にしろ、激しい楽曲にしろ、彼等らしいスパイスが効いていて、それを突き詰めていったからこそ現在の地位がある。ヘドバンの嵐となった「Judgement 死神のKiss」では興奮の坩堝と化し、その盛り上がりに応えて3回目のアンコールでは「Heavy Damage」まで飛び出して大団円。

 結構いた野郎連中も元気が良く、yasuが「何で名古屋で男尻やれへんかったんやろ」とか言ってくれるほどメンバーも久々のライブハウスツアーということもありかなり楽しそうでしたね、懐かしさもあると思いますけど。俺個人としてもレアなライブに参戦できたのでとても感謝しています。

‐‐‐setlist‐‐‐
01.ICE
02.FAKE
03.闇の月をあなたに・・・
04.Legend of~
05.-S-
06.Psycho Dance
07.Hunting

‐‐‐encore1‐‐‐
08.振り向けば・・・
09.Heaven
10.Junky Walker

‐‐‐encore2‐‐‐
11.Desperate
12.Destination
13.Judgement 死神のKiss

‐‐‐encore3‐‐‐
14.Heavy Damage

060511_2  060511_1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする