2006/05/28 Story Of The Year / AS I LAY DYING @ 名古屋クラブクアトロ

An Ocean Between Us シャドウズ・アー・セキュリティ(DVD付) フレイル・ワーズ・コラプス

1. AS I LAY DYING

当時、よく知らないで見たら完全にKOされたメタルコア・バンド。その後の快進撃はご存知の通り。この日に限って言えば、AILDの方が衝撃だった。特に「Darkest Nights」と「Forever」が印象に残っている。

–setlist–
Intro / Meaning In Tragedy / Falling Upon Deaf Ears / Through Struggle / Darkest Nights / 94 Hours / Empty Hearts / Distance Is Darkness / Confined / Forever

Black Swan Page Avenue In the Wake of Determination

2. Story Of The Year

超満員の会場に応えるように好パフォーマンスを披露。昨年のTOCで見たときも良いライヴをすると思ったけど、ノせ方が上手いし、自身も楽しんでくるのが伝わってくる。AS I LAY DYINGは完全に“激”を体感させられ、Story Of The Yearで“楽”を感じさせてもらった。

–setlist–
Stereo / Falling Down / Dive Right In / Our Time Is Now / Anthem Of Our Dying Day / Take Me Back / And The Hero Will Down / Jarhead / We Don’t Care Any More / Taste The Poison / In The Shadows / Until The Day I Die / “Is This My Fate” He Asked Them

060528_1 060528_3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする