2008/06/05 Om “Japan TOUR 2008” @ 名古屋今池HUCK FINN

omjapan

 伝説のドゥーム・ストーナーバンドSLEEPを解散した後の2004年に、ベーシストのアル・シスネロスとドラマーのクリス・ハキアス(現在は脱退し、GRAILSのエミル・アイモスが後任を務める)がスタートさせた暗黒のドゥーム・バンドOmがついに来日。

 これは見に行くしかないと思い足を運ぶ。今回の来日公演は各地で共演者が違って、本日の名古屋公演共演は地元の名古屋を中心に活躍するETERNAL ELYSIUMとBLACK GANIONの2バンドが努める。会場もドゥームに相応しいアングラな雰囲気がばっちし決まってるHUCK FINN。この会場は本当にそんな雰囲気が充満している。それにしても、今日ここにいた半分以上の人間をこの前のDOOM AGE FESTIVALで見たような記憶があるのは気のせいでしょうか(笑)。名古屋でもそういう人間は少ないんだなとライブ前に実感。

  
SEARCHING LOW&HIGH WITHIN THE TRIAD Spiritualized D

 あれ!?いきなりエターナルですかいな、立場を考えると2番手だと思ってた。というわけでいきなり名古屋のストーナーバンドのETERNAL ELYSIUMから。見るのは3月のDOOM AGE FESTIVAL VOL.4以来2度目。そのライブで感じた酩酊感は今回も健在で、サイケデリックなムードが漂う倦怠なリフに自然とこちらも溶け込んでいく。気づいたら音に溺れているとはこんな音楽のことを言うのではないだろうか。脳髄までトロトロ、一気に畳み掛ける爆走パートでレロレロ、これほど気持ちよくさせてもらえる音楽は貴重だな。知り合いの方は「安定していて好きだ」とよく言うんですけど、本当にその通りで今日も強烈なライブを見せてくれたと思う。

First

 2週間ほど前に行われたenvyとのライブで見たばっかりのBLACK GANIONが2番手。基本的なライブの構成は2週前に見たときとそれほど変わりは無かったと思うが(オープニングは一緒だったけど中盤から最後にかけて違ったかも)、ステージが近い分、音がよりダイレクトに伝わり、生々しい殺気を肌で感じられた。荒々しさが前回よりも押し出ていて、グラインド・コアっぽい迫力あるサウンドがより一層際立っていたな。個人的な好みからは外れるのですが、前回見たときよりも良かったと思います。欲を言えばもっとぶっ壊れたパフォーマンスをしてもいいんじゃないかなと思ったり。しかしながら、今日の客層を考えるとあまりウケないかなという予想してたが、激しいのをお好みの方もやはり多くて好評だった。地元というのもあるだろうけどそれなりに会場の心をつかめたのではないかと思う。これからどんなバンドになっていくのか注目したいところです。

   
Pilgrimage God Is Good Advaitic Songs

 20分のセットチェンジを挟み21時20分、いよいよOmの出番。個人的には新作の「Pilgrimage」しか聴いてないところが不安だったけど、ライブでは全く心配するところは無かった(何の曲をやってたかはさっぱりわからなかったが)。ベースとドラムによって密葬が行われているかのように錯覚するスピリチュアルなサウンドがOmの肝だと思うんだが、ライブで聴くと意外なことにロックの熱や衝動というものを感じ取ることができた。

 CDを聴く限りだと本当に仄暗い感じなので、ここまでロックを感じさせてくれたのは意外だった。アルのベースは複雑に重低音を操って地を這いずり回り、ドラムはパワフルで手数も多く、しっかりとOmの舵取りをしていた。後半になると礼拝堂で行われている儀式のような不気味サウンドがこちらの感覚を奪い、意識を暗黒の歪に沈める。身体と精神、両方の興奮を掻き立ててくるような音楽だったと感じた。1曲はどれも15分くらい演奏していたと思うが、終わりに近づくにつれてなぜかこっちも「まだ終わるな!もっと続けろ!」みたいな欲求が出てくるところが不思議。そして、いつまでもこの音楽に酔いしれていたいという欲求が止まらなくなる。人々の精神世界を侵食していく凄さがOmのライブにはあった。

 東京ではアンコールがあったみたいですが、名古屋では残念ながら無かった。一説によるとドラムの人が怪我しているとか聞いたけどその影響かな。その東京のアンコールでは真っ暗な中、演奏されたそうなのでその不気味な体験をできなかったのが凄く残念。でも1時間強、十分すぎるぐらいOmを堪能することができたライブだったので良しとします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする