2011/01/23 65DAYSOFSTATIC Japan tour 2011 @ 名古屋池下CLUB UP SET

65dos

 昨年3月の来日ツアー、そして9月頭のMETAMORPHOSEでの公演に続いて、早くも決まった65daysofstaticの再来日公演。しかも今回は、これまで東阪だけだったのとは違い、初めて福岡・名古屋・仙台を廻る日本縦断ツアーである。名古屋へ全く来なかったのでこれまではフェスでしか縁の無かった彼らの公演が地元で見られる嬉しさを背にして、池下CLUB UP SETへと向かった。客入りは上々で、やっぱり名古屋公演は待ち望まれていただろうし、65dosは既に日本での人気は結構なもんなんだろうと実感した(クアトロではないけどね)。

HELLO VEGETABLES

 開演時間の19時からはまず名古屋を拠点に活動する地元バンド、HOT HOT SEXが登場。やや狭いステージに6人という所帯が陣取るとさらに狭く感じる(苦笑)。そういうことを出てきたときに思いつつも、音楽としては最近のロック・ミーツ・クラブという感じで、人力のグルーヴィなサウンドに電子音が彩りを添える形。そして、ヴォーカルが軽快に英語詩?の歌を乗せていく。強調されたベースラインやドラムのかっちりとした演奏など、リズム隊は意外としっかりしてるし、ツインギターの味付けも悪く無い。男子版CSSっていうのはある意味ではあたっているかも。ただ破天荒な感じもあるけど、洗練されすぎててそこがどうも面白くないなあと個人的には。まさに踊れるロックで、横ノリは気持ちよくもあるんだけど、結局、最終的にイマドキのバンドっていう印象に落ち着いてしまう辺りがいまいひとつに感じたのだろう。ひとつ突き抜けた武器が欲しいところ。

Snake Magnet

 そして、2番手にKONG。ピエロみたいなメイクに、パンツ一丁で演奏してたベーシストなど人間的に壊れたイメージがあるが、なんとOCEANSIZEのベーシストとドラマーを中心に結成されたトリオ・バンドである(セットチェンジ中にドラムの人がISISのシャツを着てて思わず同志!と心の中で叫んだりした)。風貌を凌駕する印象を残すほど、音楽はさらに凄い。火山が噴火して地表に溢れだしたマグマのような熱を持った轟音の濁流。前のめりのギターで蹴散らし、バッキバキのベースラインと正確無比に打ち込まれる激うまドラムが衝撃を倍加していくこの凄まじさ。歌だけは、ちょっと茶目っ気があって緩衝材の役割を果たしている感じだが、狂騒を起こす爆音を威勢よく響かせる。丹念に汲み上げていく織物のようなOCEANSIZEからは想像できないほどのけたたましさがそこにはあった。ひたすらにノイジーで騒擾。全く勢いは衰えることなく、聴き手を圧倒していくステージが目の前で繰り広げられたといえよう。あえて、予習とはしなかったのでこのステージで初聴だったが、予想以上の凄さだった。ノイズ・パンクとカオティック・ハードコアが融合したような感じがえらくかっこよかった。

We Were Exploding Anyway Heavy Sky Wild Light: Deluxe

 結構、転換に時間がかかって(機材トラブルか?)21時ぐらいからトリの65daysofstatic。いやあ、歓声が大きい。名古屋でも待ちわびてたんだなあとちょっぴり感激した。そうこうしているうちにライヴは「Go Complex」からスタート。メンバーが曲が進むにつれて次々と登場していき、クライマックス近くの轟音パートで初っ端の盛り上げをつくる。キラキラの電子音に耳を傾けていると、ダイナミックなサウンドが切れ込んでくる「Piano Fights」、みーんなが大好きな名曲「Await Rescue」と続けて場内の熱を一気に高めていく。

 少しMCを挟んでさらに「Retreat! Retreat!」と初期の名曲を早くも放出。けれども今の彼等には、『We Were Exploding Anyway』という新たな傑作からのアッパーな曲が次々と控えている。分かりやすいブレイクを挟みながら視界も心もパッと弾けていく「Crash Tactics」、トリプルの打楽器祭りでテンションあげあげの「Dance Dance Dance」に強烈なビートが力感を増してひたすら牽引する「weak4」と流れは完璧。でも、考えてみればここまでは「Go Complex」が最初に増えたぐらいで、メタモの時と流れはほぼ同じである。しかし、曲の持つ鋭利さと爆発力によってやっぱり体中が昂揚感に包まれている、さすがだ。それにしてもメタモの時は暑さでゆでだこのようになってたベーシストは、暑くなくてもキツそうだな(笑)。

 これ以降は、少し変化の兆しをみせてて新作EPから「Pacify」「PX3」と演奏。こちらではピアノを中心に切ない叙情を織り込んで、バーンと豪快な轟音へと展開していくポストロックらしい表情が見える。『Heavy Skay EP』はアウトテイク集らしいのだが、十分に胸を震わせて熱くさせる曲に仕上がっているし、65dosがこれをやることにも新鮮さを感じた。他にもこんな曲もやるんだという所で、評判最悪の3rdより「Failsafe」や1stから「This Cat Is A Landmine」も挟んでいたのがちょっとした驚き。これらの曲も十二分に突き刺さる威力があったのは頼もしい限り。ラストはメタモでもトランシーな快楽で見る者を包んでいった10分超の「Tiger Girl」。無限の荒野を直走る如し、ミニマルでクールな展開は絶品で、相変わらずラスト映えする曲だなあと思った次第。研ぎ荒まされていく感覚と強烈な昂揚感を体中に覚えるのであった。

 アンコールは最初にあまり自分の記憶にはない曲が最初で(これもまたポストロックっぽい曲)、大ラスが悲壮感漂うピアノの旋律から分厚いサウンドが津波のように押し迫るお馴染みの「Radio Protector」で締め。ドラマーだけはそそくさとはけて行ったけど(彼のためにいうけど、本編の時はサービスしてくれた)。観客の大きな歓声に他のメンバーは応えてくれていた。終わってみれば約90分もがっつりとやってくれてかなり満足度の高いライヴ。ギターの音量が低い(加えて全体の音量も下げ目だった)のがマイナス材料であったし、そこはもっと注意してほしいのだが、選曲も含めて十分にいいライヴだったと思う。僕は彼等のフルセットのショウは初めて見たが、隆起のある構成と流れで期待に違わぬものだった。次は、この路線をさらに突き詰めて、また日本の地を踏んでほしいと切に願っている。夏に来てくれたら嬉しいけど、それはさすがに来すぎか(笑)。

–setlist–
Go Complex / Piano Fights / Await Rescue / Retreat! Retreat! / Crash Tactics / Dance Dance Dance / Weak4
Pacify / PX3 / Failsafe / Fix The Sky Like A Little / Mountainhead / This Cat Is A Landmine / Tiger Girl

encore. I Swallowed Hard, Like I Understood / Radio Protector

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする