2011/11/24 Mogwai @ 名古屋クラブクアトロ

 今年、彼等を見るのは3回目です。海外バンドがこんなに来日するなんて、すごい話だ。昨年にはメタモルフォーゼに来てるし、09年には単独ツアーとサマーソニックにも出演していました。それぐらい日本のファンから愛され、求められ続けている。
 
 今回は新作『Hardcore Will Never Die But You Will』発売に伴ったツアーという事もあるが、その楽曲群が、手探りの状態で放たれた2月の公演の時とは練度が段違い。完全にバンドに馴染んでいました。オープニングの「White Noise」から彼の奏でる閑雅なストリングスが、鉄壁のアンサンブルに美しく溶け込む。「Hunted by a Freak」で荘厳な音のヴェールにもの悲しい色を与える。スチュワートがベースを弾き、ルークがギターを担当した「You’re Lionel Richie」ではギター三重奏が明滅する光とともに轟く。

 本編ラストの「Mexican Grand Prix」では心地よいドライヴ感とヴォーカルが滑らかに鼓膜に響いてきた。中盤に披露されたストリングス入りの「Chirstmas Steps」は、閃光のようなストロボの明滅と壮麗な轟音が圧巻。

 しかし、それもクライマックスへの布石だったのか。アンコールでは集まった人全てが待ち望んだ「Mogwai Fear Satan」がまず披露される。息を呑むような静寂から瞬間の奇跡が訪れ、光と音が会場中を埋め尽くす。轟音を至福の域にまで変貌させるその構築の妙、これこそモグワイ。

 そして、轟音トリプルギターがリードする怒涛の「Batcat」がトドメとばかりに叩きつけられ、完全に意識や感覚が現実から切り離された。アンコールでの壮絶な轟音の波状攻撃による締めくくりは、モグワイが体験してこそのバンドであることを物語っていた。

目次

セットリスト

01. White Noise
02. Rano Pano
03. I Know You Are But What Am I?
04. How to Be a Werewolf
05. I’m Jim Morrison, I’m Dead
06. Christmas Steps
07. Killing All the Flies
08. Death Rays
09. Hunted by a Freak
10. You’re Lionel Richie
11. Auto Rock
12. Mexican Grand Prix

— encore —
13. Mogwai Fear Satan
14. Batcat

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次