【ライブ感想】2013/06/28 LITE「APPROACHES 2」@ 名古屋アポロシアター

 ”何気にぼくらも10年やってるんですよ。”

 ギターの武田氏の言葉通りに10年目を迎えたLITE。今回は、4thアルバム『Installation』を引っ提げた東名阪ワンマンツアーで「Approaches 2」と題されたもの。名古屋は久しぶりのワンマン公演。大いに盛り上がり、バンドと会場が一体となったライヴを見せてくれました。

 まずは新作から順番通りに「Starry Morning」「Echolocation」を演奏。四者の一糸乱れぬコンビネーションが会場を温めていく。”前作ではシンセを入れて詰め込める分だけ詰め込んだ作品だったんですね。今回はシンセとバンドの生演奏のバランスを取りまして”と作品について語っていますが、プログレッシヴなリズム・展開に、鋭角な音色やメロディが連なり、近年ではシンセとも完璧な融合を果たすことに成功。

 さらに今回のライブはほぼ全曲で後方のスクリーンに映像が流れている。『Installation』の曲ではジャケに登場する鹿が旅をしたり、鮮やかな模様が浮かび上がったりし、過去の楽曲では”LITE”という文字が音やリズム、盛り上がりに合わせて揺れたりしていた。ただ、武田氏からは「あまり映像を見過ぎないようにね。僕等も演奏してるんで(笑)」という御達しもありましたが。

 セットは新作が軸でしたが、過去の楽曲も半分以上を占める。現時点での集大成ともいえるステージ。新作からでいえば、都会の夜を思わせる静謐で煌びやかな「Between Us」は鮮やかな映像の演出もあってハッとさせられました。前作からの「Pirates and Parakeets」では手拍子とコーラスで一気にハッピーな空間が広がる。

 ”2008年に2ndアルバム『Phantasia』を出して、そこが4人の生演奏でできるひとつの到達点でした。それから1年ぐらいは何をやってもそのアルバムっぽい曲になってしまう苦しい時期を味わったんですけど、このままじゃ何も変わらないからシンセを入れることにして。(中略)でも、その当時に比べるとお客さんも増えていて、その選択も今では間違いではなかったと感じています。挑戦して良かったと本当に思います

 という終盤のMCでは、立ち止まらないバンドとしての積極性や強さを感じさせます。そのまま続けて”古い曲、やります”と雪崩込んだお馴染みの「Ef」、「Human Gift」からは、切れ味鋭い音色とスリリングな展開に興奮を覚えましたし、本編最後を飾った「Subaru(スバル)」では、色彩美に溢れたメルヘンチックな映像とゲーム音楽までをも包括する様な展開がとても美しかった。

 アンコールでは”こういう時(ワンマン)でしかやれない曲をやろうかなと思います。ライトが10周年ということで、10年前に僕等が初めて作った曲です“と紹介し、1st EPに収録されている「Past Three Days」を最初に披露。当時のポストロック風のインストから、彼らしい小刻みなフックを入れながらダイナミックに展開していく。

 そして、重量感あるサウンドと煌びやかな電子音が昂揚感を生む「100 million rainbows」を演奏し、一旦はけていく。再びの大歓声に応えた2回目のアンコールでは、「Phantasia」を披露して約2時間のライヴを終えました。

 10年間はもちろん順風満帆ではなかったでしょう。ですが、苦境をひとつずつ乗り越えていくことで国内外で熱い視線を注がれるまでのバンドになりました。そんな今の充実ぶりを肌で感じる見事なライヴでした。「この先、まだ10年あるんで」という言葉もありましたが、LITEはこれからも貪欲に突き進んでいくはず。

—setlist—
01. Starry Morning
02. Echolocation
03. Alter Ego
04. Red Horse in Blue
05. Image Game
06. rabbit
07. Ripple Spread
08. Between Us
09. Duck Follows an Eccentric
10. Ghost Dance
11. Bond
12. Fog Up
13. Hunger
14. Pirates and Parakeets
15. Infinite Mirror
16. Ef
17. Human Gift
18. Subaru

—Encore1—
19. Past Three Days
20. 100 Million rainbows

—Encore2—
21. Phantasia

¥399 (2024/05/12 23:14時点 | Amazon調べ)
お読みいただきありがとうございました!
タップできる目次