2014/02/08 栄喜 @ 池下CLUB UPSET

栄喜II~Fight or Flight~(初回限定盤)(DVD付) 140208_1

 昨年は、SIAM SHADEの12年ぶりとなる全国ツアーを敢行したが、その裏では『栄喜Ⅱ ~Fight or Flight~』の制作を同時期に行い、1stアルバムを超える作品を生み出した栄喜。そのアルバム発売に伴うツアーが名古屋を皮切りにスタートする。昨日から続く、大寒波によって大雪に見舞われた日本列島だったが、ここ池下CLUB UPSETでは寒さとは無縁の熱いステージが繰り広げられた。僕個人としては、栄喜のソロライヴは初。9年半前にACIDは見に行ったことありますけどね(DETROXは無し)。

 定刻から遅れること約20分、ライヴは新作から「最終列車」からスタート。軽快な曲調のロックナンバーが早くも会場を熱くしていく。そして、CSのWBCのテーマ曲に使用された「あのゴール成し遂げる所まで」へ。タイトな演奏と栄喜の歌唱が、青空を突き抜ける様な昂揚感をもたらしてくれる。ツアータイトルは、アルバムの副題同様に「Fight or Flight」と名付けられているが、”戦うか、逃げるか”っていうものはなく、ポジティヴなエネルギーや勇気をもらえるようなライヴという印象が強い。会場のSIAM SHADEの時と変わらぬ雰囲気もまた温かい。

 続いて、「SOSUS」~「BUSINESS」~「Wonder Wish」と盛り上がり必至の初期曲でさらにヒートアップ。その後、ライヴは新作を軸に進んでいく。おそらく本日が初披露となる曲ばかりだったがゆえに、栄喜にしても演奏陣にしてもいい意味での緊張感がひしひしと伝わってくる。個人的にツアー初日のこういうドキドキ感を味わうのは久々かな。「新曲ってのは新鮮だね。でも、何回ぐらいまで新鮮でいけんのかな」と栄喜が語っていたのも印象深い。

  それにしても、栄喜はよくしゃべる(笑)。しゃべり好きなのは知ってるけど、SIAM SHADEの時よりもリラックスしてしゃべっている感じあるしね。一回りぐらい若そうなサポート・メンバーをどんどんいじるし(笑)。ちなみにこの日は、隣の岐阜県で黒夢がライヴを行っているため、主要サポート・メンバーの人時やK-A-Zといった重鎮達の姿は無かった。

 「ここからは懐かしい曲も交えて、10連発で!」とかいう冗談も交えつつ、「DNA」からの後半は一層の盛り上がり。新作でズバ抜けてかっこよかった「Understand」は、ライヴではよりソリッドな切れ味があって強烈だったし、性急な「Catch my life」も熱い。でも、本編であと2曲予定していたのに「Catch my life」で満足したようで、栄喜ひとりだけステージ外へはけていくハプニングも。「今、終わりだと思っただろ!(残りの)2曲分燃えちゃったもん」っていいわけもお茶目だった(笑)。その後はアグレッシヴな「戦争反対」で戦争反対と原発反対を訴え、会場との最高の一体感を生んだ代表曲「太陽に手を伸ばして」で本編が終了。アンコールでは、新しい未来へ突き進む真っすぐなメッセージ性を持ったロック・チューン「Start」、大合唱となった「声に…」を披露。熱い熱いツアー初日はこうして締めくくられた。

 「声に…」が終わった後も、止まないアンコールの声・声・声。しかしながら、みんなで5分ぐらいがんばってたけど、今回はこれで幕引き。サービスしてくれてもいいじゃん、栄喜!と思いつつ、全20曲で約100分と贅沢なライヴだったのは違いない。まだ、ツアーは初日。この後も栄喜は全力のステージを届けてくれることでしょう。ただ、去年はSIAM SHADEの曲をソロライヴでもやってたらしいので、それは聴きたかった(笑)。昨年にSIAM SHADEの全国ツアー3本も行ったとはいえね。

‐‐‐setlist‐‐‐
01. 最終列車
02. あのゴール成し遂げる所まで
03. SOSUS
04. BUSINESS
05. Wonder Wish
06. 降り出した雨
07. Stand up
08. こっちを向いて
09. 悲しみは続かない
10. この世界が終わる迄
11. 会いたくて
12. DNA
13. Stay
14. Go
15. Understand
16. Catch my life
17. 戦争反対
18. 太陽に手を伸ばして

‐‐‐encore‐‐‐
19. Start
20. 声に…

140208_2140208_3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする