2014/06/14 LITE『APPROACHES 3』 @ 今池TOKUZO

20140614_2

 日本のインスト・バンドとして世界を股にかけて活躍するLITEが国内ツアー『APPROACHES 3』を開催。その名古屋公演に足を運んできた。名古屋には年末のイベントで確か来ていたと思うが、僕自身は前回のワンマン公演「APPROACHES 2」以来1年ぶりに彼等のライヴに足を運んだ。東名阪にはスペシャルゲストとして米国の狂ったマスロック・バンド、Tera Melosが同伴で盛り上げる。ちなみに他会場では、downyやLOSTAGE、OGRE YOU ASSHOLE等が出演しているので、非常に豪華なラインナップでツアーは行われていたようだ。

20140614_3

 マスロック・ジェット気流ことTera Melosのライヴは4年ぶりぐらいかな。名古屋タイトロープで見て以来で、去年に発売された3rdアルバム『X’ed Out』を買ってない体たらくの状態でライヴを見たけど、相変わらずわけわかんねえなと。それはもちろん、褒め言葉という意味合いで言っているが、その超絶テクニックに天井はあるのかという感じで冴え渡っている。メンバーがひとり減ってしまったという事実はあるけど、それ以上に驚いたのは、歌う曲がほとんどであったこと。あんまり聴き直して行かなかったし、前述した通りに新作もチェックしていないために曲の判別とか何もできないレベルだったけど、こんなに歌うっけ?と頭に浮かぶほどベクトルを少しずつ変えてきていることが伺える。

 それでも、あのギタリストは自由自在にギターを操っては大量のエフェクターで音色を様々に変更させ、いつのまにかクワマン・タイプのヒゲをたくわえたドラマー(絶対に剃った方が端正に見えるのに!)もパワフルかつ正確に刻み続ける。まあ、それがノリにくいわな(笑)。いい意味で遊び心やユーモアを乗っけつつ、自分達もお客さんも楽しませてくれるのは、らしいなと感じる。後半の方で1stの曲をやっていたと記憶しているけど、こいつらは変態だわとやっぱり思った次第。「チョーゲンキーッ!」とご機嫌ご機嫌の60分超のライヴであった。

Installation ※紙ジャケット仕様 For all the innocence Phantasia

 そして、1年ぶりに見るLITEである。定番とはいえ、必殺の「Ef」を投入してスタートを切ると、もう「格が違うな」というライヴを見せつけてくれた。フィジカル、アンサンブルが共に鍛えこまれていて、久しぶりに見たからこそ余計にレベルが違うなあと感じたのかもしれない。続いた「Image Game」にしろ「Hunger」にしろ、反復による快感作用がさらに高まっているように思えたしね。その割にメンバーは演奏中に笑顔を見せたりする余裕もある。加えて、懐も年々深くなっているなあという印象も受ける。昨年同様にVJが暗めの照明の中で視覚を彩っていたのもポイントで、武田さんは「暗い方がやりやすい」だそうで(笑)。

 ライヴは目下の最新作『Installation』を中心としたものであったが、驚いたのは「Vermillion」が組み込まれていた事。シンセを導入して話題を呼んだ『Turns Red EP』に収録されていて、あまりライヴではやっていない曲だったと思うが、静かなギターの立ち上がりから、演歌メタル的なツインギターで情熱的に訴えかける様にグッとくるものがあった。また、この曲のVJが綺麗な感じだったんで、余計に来るものがあったんだと思う。

 「8月にイギリスのArcTanGentというフェスに出て、その後にヨーロッパツアー、その後に日本に帰らずにアメリカツアーをやります。だから今回はジャパン・ツアーです。」と朗らかな口調で話す武田さん。今年は2月にヨーロッパツアーを敢行しているが、ますます海外での活動が活発になってきているようで頼もしい。

 キレッキレの「Bond」からの終盤戦は、ハッピーな昂揚感を持ちこむ「Pirates and Parakeets」、彼等流の4つ打ちでガンガンあげる「Infinite Mirror」と続き、本編ラストは、「Contemporary Disease」で締め。個人的にContemporary Disease」が彼等の曲の中で一番好きだし、久しぶりに聴いたのも大きくて、序盤のドラム引っ張りすぎだろと思いつつも凄く熱くなってしまった。やっぱこれですよね、LITEは。アンコールはお馴染みの「100 Million Rainbows」が鮮やかなシンセと重厚なリフでヘドバンを誘発しつつ、大きくフロアを揺らして大団円。一級品のインストに磨きをかけ、進化し続けていることを証明する約80分のライヴであった。

‐‐‐setlist‐‐‐
Ef / Image Game / Hunger / Duck Follows an Eccentric / Echolocation / Alter Ego / Ghost Dance / Vermillion / Bond / Pirates and Parakeets / Infinite Mirror / Contemporary Disease

‐‐‐encore‐‐‐
100 Million Rainbows

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする