2014/10/01 Ben Frost「A U R O R A live in JAPAN」 @ 大阪COMPASS

benfrost_1001

 今年リリースした『A U R O R A』が世界各地で絶賛され、他にも2010年代を代表する傑作(Tim HeckerやSwansの作品など)への参加やBjorkのリミックス等でもその名が知られるBen Frostがついに来日。大阪ではVampilliaがiinioi企画として仕切り、この日限定となる無料CD-R「Winter Days」を配布するということで、色々な目当てが重なってCOMPASSへと向かいました。同会場には名称がSUNSUI時代の4年半前にMONOのライヴを見に来たことがあるけど、名前以外の何が変わったのかよくわからなかったけど(汗)。しかし、本日は結構な動員となっていて、そこそこスペースはあったと思うけど、満員に見えるぐらいには人がいたと思う。それだけ注目の共演ということでしょうか。

141001_3

 おい、おい、ネタやんねえのかよ!と彼等を知っている人の誰もが思ったけど、そんなことするとBen Frostのヒゲでチクチクされそうなのでやめたのか(笑)。逆にミッチ氏の前説ネタ無しが新鮮であった本日のライヴは、いつも通りの流れ「my beautiful~」から「IceFist」で始まって「Hiuta」と続き、ツインドラムを含むほぼ万全のコアメンバーが揃った9人体制で騒々しく、美しいステージを披露。1stアルバム中心のセットとはいえ、「endless summer」の他にも「Feel my almightiness~」や「Circle」と言った過去曲も飛び出してくる。しかし、最後まで真面目か!で貫き通すこともなく、2年後のオリンピックに向けて強化中の伝統芸能の「ハシゴ芸 ~Fly or ミラーボール破壊~」を数名のハシゴ支える係とともに敢行して、笑いと驚きを与えていた。本編ラストはSigur Rosチックな多幸感に包まれる「Von」から、猛々しい轟音を最後に浴びせて幕を引く。

 1stアルバムのプロデュースを手がけたBen Frostとのライヴということで、コラボみたいな事はあるのかなあと思ったら特に無く。それでも50分を超えるステージで楽しませてくれた。ミッチ氏が自分で「アンコール」言い出して無理矢理始まったアンコールでは、来年に発表するという新曲を披露してくれたしね。Venturesというか加山雄三というかそんなサーフ・ロックのイントロから、ポップにもメタルにも振り切れながらレゲエっぽいパートもぶち込んでて、今までにないVampilliaの一面が見れる曲となっていた。

141001_1 141001_2

 そして、Ben Frostの登場。真っ暗ではないが、少量の照明に照らされる中で彼の70分近い独りノイズ紀行が始まるのである。世界中で傑作と評された『A U R O R A』からの出典をメインに、重いキックの音の反復とシンセの交錯が全身を揺さぶり、脳みそをかき乱す。それにギターも調味料をふりかける程度に使っていた。やはりヘヴィなノイズが襲いかかってくる感じだが、叙情的で浪漫を感じさせたりもする。優雅な煌めきを残していく「A Single Point Of Blinding Light」、鼓動のようなビートの連なりから震撼必死の衝撃に見舞われた「Venter」などは強烈。勝負どころでストロボがやたらと明滅する視覚的な刺激も印象的であった。

 ミニマル・ミュージック的の徐々に登りつめていくような側面は有していたけれど、意外と踊れるノリやすさが感じられたのに驚き。事実、自分の隣2人がやたらと気持ちよさそうに揺れていた。かと思えば、ポストロック/シューゲイザーやエレクトロニカっぽい要素も感じるし、様々なものを集積して再構築した印象は強い。極北の美しい轟音ノイズっていう表現が似合うと思うけど、天国にも地獄にも行ける音楽が鳴っていたのは間違いないところだろう。最後の「Nolan」は、幻想的なメロディも巻き込みながらノイズが全てをさらっていくようだった。そして、約70分ほどのライヴを終え、Ben Frostが深々とお辞儀をしたところで、現実に戻った感じがしたのでありました。

 ライヴ終了後に物販を覗いてみると、Ben Frostがしっかりとファンサービスをしていて、びっくり。WIREDのインタビュー読むと神経質な超堅物な人だと勝手に思ってたら、女の子と笑顔で写真一杯取ってるし、サインも喜んで書いてるじゃねえかと感心しました。しかも、りんごを丸かじりしてるし(笑)。多分、いい人です。

 終演後は、boneville occidentの浮田くんと話してたけど、彼が「あそこに座っている人、Alva Notoのカールステン・ニコライに似てません?でも、ドイツ人ってみんな顔似てますしね(笑)」と言ってたら、本当に本人だったのは笑った。次の日にRASTER-NOTON勢が大阪COMPASSでライヴするから全員がいたみたいですね。

141001_4

Vampilliaの無料配布CD-R「Winter Days」。3曲入り約22分

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする