2015/04/24 GOATBED「THE DANCE NOT SYNDROME」 @ 名古屋ell.SIZE

 150424_01

 8年ぶりにGOATBEDのライヴへ行ってみた。その間、限定ものを除く音源は常にチェックしているが、編成を石井兄弟ユニットに改めてからは初となる。自分が見に行ってた時は、武井誠さんと中村マスヒサさんが居た時代だからな(小間さんがいた時もライヴ見てるけど)。時間が流れるのは早い。

 ell.SIZEは全国から駆けつけたと思われる人も含めて、ほぼ満員。定刻から10分ほど過ぎた辺りで、ライヴがスタートとなる。スクリーンに映像を映しながら、石井兄弟のテクノなベッドがクールに炸裂していくわけだけど、うねるようなベースが効いていて上モノも鮮やか。石井さんの歌も楽器の一部的な立ち位置はあるにせよ、以前と変わらずにポップな入り口となってる感じ。完全打ち込みでかつてのバンド編成の時とは様変わりだけど、横揺れの気持ちよさに浸れる。

 よく聴いていて身体に馴染んでいるGOATBED初期曲は、「MADM(マッドメンダンス)」に新しいサビが追加されていたり、「ANARCHICK(アナーキックマジック)」もまた随分と改変されているなあと思ったりと驚きが大きかった。過去曲の再録を収録している「Less Thanシリーズ」をチェックしなきゃいけない衝動に襲われる(笑)。個人的には中盤辺りの「RODEOLO(ロデオロギー)」~「DECO(DECORATIBO)」の流れが良かった。そして、「DISC(ディスコーマ)」の時のスクリーンに下から上へ次々と移動する「COMPACT DISCO」の文字に笑う。

 また名古屋では特別に、「Jonny Ride」から本編ラストの「DREAMON DREAMER」まで10曲ほど、元Merry-Go-RoundのドラマーであるKYOさんが参加。4月2日に行われた新宿LOFT公演に続いて2回目のスペシャル感のある3人編成となった。おそらく地元だから参加されていると思うけど、石井さんが核心部分をMCで全く話さないから、どういう経緯でこれが実現しているのかは相変わらず闇の中。15年の間に趣味でもドラムを叩くことがなかったというKYOさんを久しぶりに拝めて、嬉しい人は嬉しかったのではないだろうか。その点に触れた「15年間やめていたものをもう一度始めたことはありますか?ソロバンとかね。」っていう石井さんのMCには会場から笑い声が響く。僕自身はMerry-Go-Roundは2枚しか聞いてないので、思い入れはあんまりないけれども(苦笑)。

 「アンコールって言っちゃダメですよ。言うやつは素人です。」とMCでお達しがあったからか、拍手だけが送られる中で2人のみがアンコールでステージへ。明後日の代官山公演で無料配布する曲「DEAD ZEPP」、新しいミニアルバムの表題曲の2曲を披露してくれた。「DEAD ZEPP」はかなりダンスミュージック色が強かったけど、「お前の母ちゃんデベソ」と叫ぶところは、石井さんのご乱心が・・・(笑)。サービスで2回目のアンコールもやってくれて、3人で再び登場。演る曲が無いということで、本編でやった盛り上がりのいい曲から再度の「RODEOLO(ロデオロギー)」が会場をゆらゆらと揺らした。

  「この安定感の無さ。いい時と悪い時の差が凄いでしょ?」と言いつつ、きっちりと仕事はこなして颯爽と帰っていった感じ。本人曰く名古屋はいい方らしいですけど、個人的にも久々のGOATBEDを堪能できて良かった。しかし、アンコールのあの露出狂ともいえる衣装は凄かったな。

150424_02 150424_03

 ライヴ会場限定盤は無事に購入できた。CD3枚+DVD1枚の4枚組で5,000円也。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする