2017/02/03 LITE 「CUBIC TOUR」 @ 伏見JAMMIN

 久々にLITEのライヴを観ました。昨年に発表された、約3年半ぶりの5thアルバム『CUBIC』を携えてのツアー2日目の名古屋。新作は原点回帰がキーワードに上がってはいたものの、ブラックミュージックの要素や様々なコラボレーションを交えながら自身の音楽性を拡張する快作でした。もちろん、その新作中心のライヴではありましたが(「D」のグルーヴがたまらんかった)、初期ファンほど狂喜するようなセットリストが組まれていて、心のなかで何度も歓喜の雄叫びをあげたことか(笑)。

 そして今回は棒状のLEDを数カ所に立て、演奏と連動しながら光輝く演出が素敵でした。非常にキレイであり、『Installation』ツアーで観たときのVJとはまた違った良さがありましたね。さらに中盤ではアコースティック・セットで2曲を披露。「新しいLITEを開発していく」という武田さんの言葉がありましたが、「Ghost Dance」がロドリーゴ・イ・ガブリエーラみたいな情熱迸る感じになっていてなかなか良いと思ったり。また今ツアーはライヴ写真をどんどん撮影・録画していいとのことで、SNSと連動した企画も行われていました。

 驚いたのは初期の曲が多かったこと。中盤でまさかの「Recollection」が飛び出してきた時にはめちゃ驚いた。何年ぶりにライヴで聴いただろうかと思わず記憶を辿ったし。本編ラストにしてもプログレ迷宮たる「Phantasia」で歓喜させてくれるのもの良かったです(途中でつまづいたけど)。アンコールでは「Ef」と「Contemporary Disease」でマスロック・カロリーオーバーの締めくくり。新しい自分たちを提示しつつ、初期ファンにはたまらない1日。LITEはこれで活動13年、さらに頼もしい存在になってくれそうです。

‐‐‐setlist‐‐‐
01.Else
02.Balloon
03.Image Game
04.Warp
05.Angled
06.Echolocation
07.D
08.ripple spread(Acoustic)
09.Ghost Dance(Acoustic)
10.Square
11.Recollection
12.Prism
13.Bond
14.Pirates and Parakeets
15.Infinite Mirror
16.Phantasia

‐‐‐encore‐‐‐
17.Ef
18.Contemporary Disease

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする