2024年1月5日をもって当ブログ設立20周年を迎えました。でもまだ続きます。

【アルバム紹介】Kyte『Science For The Living』

繊細で美しい世界観を表現しているUKの5人組。デビュー作『KYTE』は英NMEにおいて“容赦なく美しい”と評され、日本でもヒット&ロングセラーを記録。

本記事は2009年に発表した2ndアルバム『Science For The Living』について書いています。

タップできる目次

アルバム紹介

Science For The Living(2009)

 デビュー作が英NMEにおいて“容赦なく美しい”と評されたUKの平均年齢21歳の5人組KYTEの2年ぶりとなる2ndフルアルバム。

 なんと切なくて美しい作品でしょうか。一部で次世代のシガー・ロスと謳われるているのも納得してしまう程で、Kyteは澱みの無い純白の世界を描いています。

 なめらかに波打つギターやピアノの艶やかな音色がゆったりとしたビートに乗りながら、グロッケンで美しいヴェールにさらなる輝きを与えていく。そして淡く消え入りそうな歌声が壮麗なる世界を眼前に広げ、ただただ静かに聴き手の胸を打つ。

 この繊細なアンサンブルからは生まれる物語は、感傷的であってノスタルジック。そして、とっても切ない。しかしながら、肌には優しい温もりが伝わってくる。

 丁寧な音の積み重ねから成しえるピュアで美しいサウンドスケープは、吸い込まれるような魅力があります。#1「Eyes Lose Their Fire」や#4「The Smoke Saves Lives」などその実力がうかがえるアルバムです。

メインアーティスト:Kyte
¥3,000 (2024/02/21 10:18時点 | Amazon調べ)
お読みいただきありがとうございました!
タップできる目次